トップページ | 2006年3月 »

⑳昼間のワイン会?

Neko2_002_1 月に1度、友人が来てくれます。今日も高校時代の友人が我が家に来てくれました。彼女も飲めるので、ワインを食事と一緒に飲みました。昼間なので、ほんの少しですが・・・

友人達が入れ替わり立ち替わり、しょっちゅう来てくれるので、ワインもすぐになくなります。 だからいつも鮮度の良いワインが飲めます。

一人で飲むよりだんぜん楽しい♪自宅に来る友人は気心のしれた仲間だけ。気を使わず癒される時間です。

写真は私の手作り料理。黒砂糖と生姜風味のライ麦パン、私の手作りスモークチキン、モツァレラチーズ、生ハムなどです。

⑲リースリング

_010_1 今日買ったワインはこれ!オーストラリアのリースリングです。値段は安い♪コープで934円です。

リースリングと言えばアルザスやドイツが有名な産地、冷涼な気候の場所でも育ちます。ドイツの生産地域は北緯47~52度、ぶどうの出来る北限と言われています。日照時間が少ないので、ぶどうの糖度が低い分、フレッシュな酸とフルーティな味と香りを持つエレガントなワインが多いようです。糖度が低いので当然アルコール度数も低く10度未満の物も多いです。(糖度が低いのになぜ、甘いのかは又別の日に・・・。)

_011 さて、今日買ったワインはアルコール15度以下と記載されています。アルコール度数結構高い!!興味が湧いたので買って見ました。オーストラリア産のステーキ肉を買ったので、白だけど同じ産地も合わせてみました。

マコンビラージュのシャルドネがまだ少し、残っているので、セパージュ(品種)の違いを確かめたいと思います。

⑱グルナッシュ

_006_2 仕事帰りに、シェ・ローズというフレンチレストランに寄りました。

グラスワインを1杯だけ頼みました。グラスワインはシャンパン又はローヌの赤又は南フランスのシャルドネの3種類から選べました。ソムリエさんがいるお店はワングラスでも、良いワインを楽しめます。

_004_1南フランスの白はクレレット、ユニブラン、ロール、セミヨンが有名。シャルドネなんて珍しいなあと思い興味が湧きましたが、結局赤にしました。

ローヌ地方の品種は グルナッシュ、シラー、が有名でサンソー、ムールヴェドル等のアッサンブラージュが多いです。ちょっと辛口で果実味が豊かでした。

_005 ワインの写真を撮っていたら、ソムリエさんが話しかけてくれました。ソムリエ資格発足2年に資格を取られたそうです。私もチャレンジ中ですと話したら、『頑張って下さい』とエールをくれました。

エールをいっぱい集めて頑張ろう!

⑰ラングドック・ルーション

Photo_4今日買って来たワインはLe Cadet です。品種はCabernet Sauvignonで、クラスは、Vin de Pays。ラングドックルーション地方産です。フランスのヴァンド・ペイの70%を占めます。地理的にはフランス南部、スペイン寄り。 私は料理関係の仕事をしていますが、今月はカッスーレという 白いんげん豆と豚肉の煮込み料理を何度も作りました。これはラングドック地方の郷土料理で、日本風に言えばお袋の味。合わせるワインはこの程度の気取りのないワインがいいかなと思います。

ボルドーのCabernet Sauvignonよりコストパフォーマンス。値段はコープで1180円でした。お手頃です。1500円位で売っているラ・キュベ・ミティーク(オウムの絵)は人気が有りお勧めです。安いワインでも、グラスが良いと美味しく感じます。これはボルドーグラスです。

_006_1 左の写真は私が作った白いんげ豆と豚肉の煮込み料理 カッスーレ=Cassouletです。

⑯ミモレット 

_009 今日は神戸市北区の仕事に行き、帰りに神戸ワインのワイナリーに立ち寄りました。ここはぶどうの木も植えられていて、作り方の資料館やワインの醸造所も兼ね備えた大きな設備があります。また自分のぶどうの木を所有出来るシステムもあり、1本づつネームプレートがかかっています。

ぶどうの育成サイクルと作業も試験に出るので唄で覚えましたが、実際のところを見たくて時々立ち寄ります。1~3月は剪定 タイユです。3月は樹液の涙、発芽デブルマン でしたよね。どんな感じかなとおもいきや、今日はなんと臨時休業でした。残念(>_<)

来月はもう一度見に行きます。

帰りにスーパーでチーズを買いました。ミモレットです。オレンジ色でからすみを思わせる濃厚な味です。テレビでもフランス産高級チーズとして有名になったことがありましたね。

⑮マコンビラージュ

Wain_003 ワインがきれていたので、夕食の買い物ついでにコープで買いました。リーズナブルなマコンビラージュで、値段は1039円でした。ブルゴーニュ地方コートシャロネーズを南下ボージョレ地区近辺です。このあたりなら惜しみなく美味しく飲めます。【好きなのはグランクリュのシャルドネだけど、それは贅沢過ぎますね^^;】

友人の作ってくれたスモークチキンとチーズをあてに久々のんびり楽しみました。

Wain_002 とりあえず勉強中なので、一応書き込みした地図を確認して復習です。もちろん歌も唄いました。

ぞうさんの替え歌で、マ~コンとビ~ラージュ、ビレクレッセ、サンベラン、プイイはヒュッセとロシェとヴァンゼル♪飲んで唱えば最高♪♪ 今日はちょっと酔いました(^O^)

⑭『悲しい酒 』は飲みません

Photo_3 たいした収入はなくても、仕事は大変。今の環境を変えたくなることがあります。今日の私はそんな気分。

でもとりあえず、あと1年は今までの仕事の仕上げをする気持ちでベストを尽くして頑張ります。ワインの勉強は知らない人から見れば贅沢な遊びでしょうが、私は違う思いで勉強しています。これは私のチャレンジ精神を表現する一つの方法でもあり、40台の集大成のつもりで頑張ります。家族が誇りに思ってくれる資格に仕上げたいと、思っています。

さて、アルコールって、ストレスを緩和する作用がありますよね。少量の寝酒は睡眠を誘導するにも効果的。でも、以前悲しい時に飲んだらすごく、らくになったけど、翌日、醒めたらもっと寂しい気持ちになりました。お酒は逃げる場所じゃあないですね。

それ以来、私は楽しい時にしか飲みません。ワインは仲間と楽しくがモットーです。今日はへこんでいるので、アルコールなしです。自分に勝たなきゃ!!

⑬ローヌ地方のワイン

Photo_2 写真はローヌ地方の有名なワインのラベルばかり集めたカレンダーです。しかも1月~12月までの6枚全てローヌ地方の有名シャトーばかり。ラベルの写真が実物大だからそのまま貼って有る感じです。これはマニアなら、欲しいでしょうね!すごく大きくて立派なカレンダーです。

どうやってゲットしたかというと、実は去年のカレンダー。ずっと前から狙っていて、行きつけのお店(製菓材料です。飲み屋じゃないですよ)の店長に『来年捨てるなら下さいね。』とお願いしていて、やっと頂いた物なんです。

曜日のところに注目してね♪自分で曜日をずらして書き込みました。来年もずらして、また使いますよ~!(^^)!

ローヌ地方は、北部セプタンリオナル 南部のメリディオナルに分かれます。歌記憶術では「★エースを狙え」のメロディと共に覚えました。去年は確か5月頃配信されたと思います。学生時代にテニスしてたから、この歌を唱うと益々元気が出ます!(^^)!

コートロティ、シラーにビオニエ20%。コンドリュー・グリエ・ビオニエだけの白~♪って感じ。カレンダー見ながら嬉しい気分で歌っています。

⑫ボルドーのワイン

_002_1 今日は自宅に友人が集まってくれました。それでワインがきれていたので、買って来て貰うように頼みました。やってきたのは、2003年のAOCボルドーです。

若くて、タンニンがしっかりしているので女性にはどうかな?と思ったけど1本空いてしまいました。

料理との相性も大切だけど、ワインを美味しくする大切な要素は、やはり仲間との楽しい話題や雰囲気、人の輪(和)なんだと再確認しました。

写真はお気に入りのお鍋=シャトルシェフと今日飲んだワインです。

⑪シラーズ

今日は友人と神戸ビーフで有名なお店モーリヤさんに行って来ました。

私くらいの年齢になると、お肉は量より質!ちょこっとでいいから、美味し~いお肉を、食べる速度に合わせて目の前で焼いてくれるのが最高の贅沢。もちろんワインを合わせて。

この店のハウスワインは手頃な価格でとても美味しい。品種はシラーズ。フランスでは、シラーと呼ばれ、シラーズはオーストラリア名ですね。12月・1月・2月と3ヶ月連続行きました。いつもこのワインを頼みます。だからこれだけは覚えたと思います。(でも自信ないかも(^^;)・・・)

⑩レストランで楽しむ

Photo_1

勉強って楽しくないと続きませんよね。暗記は楽しいばかりの作業じゃないけど、絶対必要。そこに所々お楽しみをプラスするのが私流。ワイン会やワインセミナーの案内は必ずチェックします。 私がよく行くのは、

①シェラトンの【ワインフェスティバル】

②シェラトンの【ワインの休日】

③シェラトンの【ワインセミナー】

④元町のレストラン・マロニエ

⑤ビストロ近藤亭です。

ソムリエさん達も顔を覚えて下さって、勉強も応援してくれます。

①は入場料\2500(前売り\2000)で何百種類のワインが飲み放題です。(全部飲めるわけないけど・・・)但し立ち飲みです。質問にはメーカーのアドバイザーの方々が丁寧に説明して下さいます。気に入ったワインは2割引で買えます。

②こちらは\5000です。料理は素敵な前菜とメインディッシュとチーズ、それにパンが付いて、飲み放題。オプションで高級ワインも用意されています。席も確保されているので、テーブルに並べてじっくり比較試飲が出来ます。

③\6000これは不定期ですが、ソムリエさんのセミナーとお勧めワイン&料理付きでお得でした。ポートピアホテルでも\7000で開催していますので今度覗いてみたいと思っています。

④このレストランはリーズナブルなのに格調高い本格派料理。ワインも揃っています。若いソムリエさんが頑張っています。いつも新しいワインを紹介して下さいます。

_ ⑤ソムリエ協会の兵庫副支部長をされている近藤さん経営のビストロです。元町と北野に2店有ります。スタッフ全員がワインが好きで詳しい。美味しく食べて楽しくお勉強出来ます。写真は近藤さんの後ろ姿です。

【ちなみに、この日は友人と口開けから最後まで粘り、2人で約3本近く空けました。たっぷり食べたせいか、そんなに酔わなかったので、近藤さんにもびっくりされました。そりゃぁ、顔、覚えられますよね~(^^;)】

神戸へお越しの際は是非訪れてみて下さいね。

⑨ブラインドで楽しむ

P505is0048889882 昨日は6人で6本を、ブラインドで楽しみました。ボトルにアルミ箔を巻いて銘柄を隠して、ワインを『ア~だ』&『コ~だ』って楽しむのです♪

十一屋店主のM本さんは、いつも趣向を凝らして楽しみながら勉強させて下さいます。昨日はワインを3組に分けて、比較しました。

①同じ銘柄のシャルドネで2004年と2005年、

②ローヌ地方グルナッシュ主体の赤、90年と03年

③スペインのテンプラニーリョ97年と04年でした。

これはとっても勉強になりました。色・香り・舌触り等違いがはっきりわかるし、2本から情報を得られるので、銘柄を推測しやすいのです。ちなみに昨日は、①②③で、どちらが新しいかはもちろん全て解りました。②は地方と品種も当たりました。③はセパージュ(ぶどう)品種は、はずしたけど、国名は当たりました。

やったぁ~♪去年10月に崩れ去った自信がほんのちょっぴり回復の兆しです(^^;)

⑧今日は楽しい♪勉強会?

Wain_011 先日、こんな案内メールが来ました。
【この寒さを乗り切るにはワインです!2月10日のキントマ(金曜・十一屋・松本の略)では、同じ産地、同じ品種、同じ畑の10年の年月差を楽しみます。】
今日は、月に1度通ってるキントマワイン会の日で、上記のワインのお楽しみ勉強会です。また帰ってきたら報告しますね。
メンバーにはアドバイザーの資格を持った方もおられますが、

大方は、楽しく飲んだらそれが一番!!と言う感じ。でも、そうですよね~それでいいんですよね。と思いつつ、なぜか私はやっぱり突き詰めたい。

勉強すればするほど、ワインの深さがわかるし、尊さも解る。だから益々美味しく感じる気がします。そしてその美味しさをじっくり味わいたい。きっと、私って欲張りなんですよね。
写真は12月に家で空けたワインです。お客様も多かったので、すごい数になりました。夫は飲まないのに・・・申し訳ない(^_^;)

⑦教材

Photo 去年とりあえず1次試験合格したってことは、暗記方法は間違っていなかったということかな?でも2次試験で落ちたんだから、何かが足りなかった。それはもちろんテイスティング。

去年は100本近く開けたのに、まだ飲み足りなかった??あんなに沢山飲んだのに・・・と思っていたら、それがダメって言われてしまいました(^^;)つまりワイン会で毎回、仲間と10本近く空けて、ってことは、一人あたり軽く1本。要するに飲んだあと酔っぱらって覚えてなかったみたいなんです。

いろんな種類飲み過ぎて、試験直前はワインの森に迷い込んだみたいな状態でした。『試験を受けるなら飲んじゃダメ!吐き出しなさい!』だなんて非情な、アドバイスも有るくらいだから、飲み過ぎには注意ですね。

その点スクールに通っておられる方は適切な量で的確な指導を受けているので、有利かもしれません。今は週に2~3本程度のペースです。でも明日は楽しいワイン会♪やっぱりきっと飲んじゃいます。

1119414568 さて、足りなかった何かを補うべく、とりあえず本を買ってみました。私はレストランにもよく行くので、料理を合わせるための勉強もしたくなってきました。もし資格が取れたらやはり、料理を知らないと恥ずかしいですからね。でも、専門的な本はやっぱり高いですね~

※コルク栓で飾りを作ってみました。ボードは100均の商品です♪

⑥メルマガ活用術その②

この歳になると、見たことのない文字が並んでいるだけで頭痛がしてきます。新しいものに対して脳が拒絶反応を示すんです。だから私は、とりあえず歌記憶術を使って繰り返し言葉を脳に刷り込みました。意味はわからなくても、とにかく言葉に慣れることから始めました。それからテキストを読むと、不思議に拒否反応は少なくなりました。(相変わらず意味はさっぱり解らなかったけど・・・(>_<))

でもせっかく歌って覚えるならついでに場所も覚えた方が効果的。五感を出来るだけ使うことが暗記の極意と思って、教本をコピーし、拡大して書き込みしました。色もカラフルな方が楽しいのでカラーペンを使って♪

_006

今ならもっと上手に色分け出来るけど、去年はあまり意味が解ってなかったので、統一感のない色分けしましたが、ボルドーはメドック格付け別+、赤白を書き込みました。

1119414818 とりあえず写真見て下さいね。地図に書き込みコピーして、1枚は洗面所の壁に張り、毎日歯磨きしながら頭の中で歌って、暗記。もう一枚は常に持ち歩いて、思い立ったらいつでも復習出来るように。

地図に書き込むのは意外に楽しい作業で、気が付いたら、ローヌや、ロワール、ドイツ、イタリア、スペイン・・・他、結局10枚以上作ってしまいました。これが頭の中を整理するのにとっても役立ちました。一挙に仕上げようとすると大変なので、ゆっくり楽しみながらして下さいね。

_007 イタリアのワイン名は20州別に31全てのDOCGを緑に主要なDOCをブルーに塗り、後ろにセパージュを書き込み赤と白、ロゼ、泡を色分けしました。フランスよりぶどうの固有名詞が長いので覚えにくかったですが、歌記憶術と合わせると不思議に頭に染み込みましたよ♪これが私の一番好きな替え歌、踊るポンポコリンです。4月下旬辺りに配布されるので、楽しみにしてて下さいね。音楽聞くだけで楽しくなってきますよ♪♪

⑤メルマガ活用術その①

_003 受験されるかたの年齢ってやはり20才台が多いんじゃないでしょうか。見たことのないカタカナだらけの地名やぶどうの名前を膨大な数、覚えるには若いほどいいですからね!味覚だって年齢と共に衰えるし。とは言っても、お酒を飲み始めるのが一応^^;20才からなので、勉強始めた方はみんな誰でも、『昔はもっと簡単に記憶できたのに・・・』と嘆くのです。

_004

『ここを乗り越えるには努力と根性あるのみ!』と私も頑張りましたが、やっぱり無理。日常会話すら『アレ』だの『ソレ』だの、日本語の固有名詞が出てこない有様。忘れないように書いた、買い物のメモをどこにやったか探す毎日。まさに綾小路君麻呂の世界の住人。そんな私がどうやってカタカナを覚えればいいの?といきなり挫折した日もありました。

_001

そんな時出会ったのが、メルマガのソムリエ試験対策~記憶術の極意です。これには楽しくてはまりました♪好きなのはイタリア20州の『踊るポンポコリン』とボルドー地区の『鉄腕アトム』です。歌うだけで、ワインの名前と産地までばっちり覚えられるの♪歌って楽しいから脳が活性化する気がしました。全部で75曲位ありましたが、私が去年制覇したのは約65曲です。もちろん今年は全曲制覇目指して頑張ります。去年は4月から始めたので、1日1曲を目標に頑張りました。今から始める方は、余裕があるから4日に1曲程度でいいかも?

_002

家事をしながら、またお風呂に入りながら、家族に笑われながら、とにかく歌いました。手帳に毎日、制覇曲を書き込んで確認しました。もう一つ発見。アニメソングはすごく元歌に忠実に再現されているので、カラオケ用に着メロを携帯電話にダウンロードしました。写真は歌を入れたCDと携帯の着メロフォルダです。

④受験に興味が湧いた方は・・・

受験に興味の有る方は以下ソムリエ協会のHPにアクセスしてみて下さいね。受験要項などが解ります。ソムリエ協会のURLは以下の通りです。1119414619

http://www.sommelier.jp/main.html

ソムリエ協会の会員になると、左の写真のような会誌が送られて来ます。また会員は無料のセミナーやメーカーの試飲会などの案内状も送付されます。ワインだけでなく今話題の食品などの試食にありつけることも・・・♪受験料も割引があるので、会員になった方がお得だと思います。

③勉強方法

1119414830 わたくし、ワイン歴は、まだたったの2年。夫はワインをあまり飲まないし、教えてくれる先生は近くに誰もいない。初めは、右も左も解らない状態。

でもワインってとっても美味しいし、なんかお洒落な雰囲気♪ワインエキスパートっていう名前も素敵☆☆こんな資格が40台の想い出に欲しい!と思って始めました。

とりあえずソムリエ協会の通信教育を申し込んだところ、教本を見ても、ちんぷんかんぷん(?_?)今ならすぐ解ける問題も、その時は問題の意味も解らない状態でした。1問解くのに本をあちらこちらめくって1時間なんてことも・・・なんとか一生懸命書き込んで無事に終了しましたが、ようやく概要がなんとなく分かった程度でした。この状態では暗記なんて無理で、試験は、はるかかなたのレベル。

そこで出会ったのがマグプレのソムリエ試験対策講座です。これを活用したお陰でとりあえず、去年1次試験は合格出来ました。でも2次試験合格しないと、バッジくれないんですよね~。2次試験は試飲+問題なので、やっぱり今年も去年同様に勉強しないと、合格は出来ません。試験の直前の頭ってスポンジに水がいっぱい入ったみたいな飽和状態で、終わって歩いたら、とたんにぽたぽたとスポンジから水が落ちるみたいに知識がこぼれました。

だから今年も去年の活用術使って、気を引き締めて頑張ります。私の勉強方法も1119414840お教えしますので、また参考になさって下さいね。   とりあえず、教本にはインデックスをつけましょうね。探す時とっても便利ですよ。私も100均でカラーインデックス買いました。色分けしてると、 とっても分かりやすいの!(^^)!写真は1昨年の教本です。縦は国別に(フランス、ドイツ、イタリア等)、上はフランスの地方別に(Bordeaux,Bourgogne,Loire,等)インデックスを付けました。

②勉強時間の確保

1119414794 私は主婦ですが、まあ仕事って言える程のものじゃあないけど、ホンの ちょこっと料理関係の活動をしています。でっ、試作してレシピ作ったりの毎日です。でも、料理って買い物から下準備など作るまでにも時間がかかるので以外に忙しいんです。

だから私の勉強時間は移動時間=つまり電車の中とか待ち時間です。朝はとりあえず15分早く家を出ると始発の普通電車に乗れるので、大きなテキスト広げてじっくり勉強出来ます。何もしないで待ってる時間って長いけど、勉強しているとあっという間に時間が経ちます。1119414805たまに乗り遅れて新快速電車に乗るとぎゅうぎゅう詰め。

そんな時には邪魔にならない、小さな単語帳が活躍します。家にいるとテレビもお茶も自由だから、誘惑がいっぱい。でも電車の中って何も出来ないから返って集中して勉強出来ます。電車に乗るだけで毎日2時間も暗記についやせるのです。

眠くなっても大丈夫。ギリギリまで暗記して居眠りするんです。その方がよく暗記出来ます。脳って送り込まれた情報を整理して定着させるには睡眠が必要だそうですよ。だから勉強してすぐ眠るのが最高の暗記方法。毎日机に向かって2時間なんて無理だけどこんな方法なら簡単。

40台後半ってひたすら物事を忘れ続ける毎日なんだけど、ワインの事だけはしっかり捕まえますよ~!(^^)!写真は通勤ラッシュ用の単語帳です。

①資格試験にチャレンジ

P505is0047186211 初めまして、カマッチョ・ママです♪努力って言葉が大好きで、子供達にはバカにされながらも目標決めたらまっしぐら!40台後半。いい歳して日本ソムリエ協会認定のワインエキスパート資格認定試験にチャレンジしています。合格率は毎年46%前後と難関試験。しかも無謀にもスクールに通わずどこまでやれるか・・・頼みの綱はマグマグプレミアムのメルマガです。『スクールに通っても覚える量は減りません』って書いてあったので、なるほどと思いました。結局記憶するのは自分自身の努力なんですよね!

写真は2月3日シェラトンワインフェスティバルの無料セミナーの試飲ワインです。なんと6種類もテイスティングさせてくれました。

トップページ | 2006年3月 »