« 22 桃の節句は土佐鶴でした | トップページ | 24 ワインを聴く »

23,桜のお酒とイタリアワイン IGT

Sakura 今、桜あんパンの試作をしています。豆乳と蜂蜜入りのしっとりした生地に葉っぱと花を入れたらとても良い香り。餡にも何かひとひねり・・・と思い白あんに桜風味をつけたくなり探していたら、桜リキュールに出会いました。

和酒って書いてあったけど、どういう意味かな?ブランデーならワインの蒸留酒だから、日本酒の蒸留酒?ってことは焼酎系か・・・アルコール度数は22度。

さてもう1本買いました。こちらはイタリアワインで、ロッソ(赤) サレントって書いてありました。歌記憶術のおかげで、すぐにプーリア州のワインってわかりました。このワインの品質分類はIGT=インディカツィオーネジェオグラフィカティピカです。フランスのAOCで言えばヴァンド・ペイクラス。品種はサリーチェサレンティーノ。驚異の歌記憶術【亜麻色の髪の乙女】を歌って主要なDOC覚えました。『サリーちゃん、プリンとカステラデルモンテ~♪』でしたね!(^^)!

« 22 桃の節句は土佐鶴でした | トップページ | 24 ワインを聴く »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43641/921042

この記事へのトラックバック一覧です: 23,桜のお酒とイタリアワイン IGT:

« 22 桃の節句は土佐鶴でした | トップページ | 24 ワインを聴く »