« 25 マルサンヌ | トップページ | 27 バルドリーノ »

26 ワシントンのシャルドネ

_006_4  料理の勉強を兼ねて友人とランチしてきました。場所は神戸ベイシェラトンホテル21階、トップオブシェラトンです。最近のフレンチは南っぽい方が人気が有りますね。私の言う北っぽいとは、バターなど乳性品や牛肉を多く使った料理。それに対して南は、スペイン寄りならラードや豚肉、イタリア寄りならオリーブオイルや魚介を中心にした料理の感じ。

_004_2料理に使う酒精強化ワインも、マディラをシチリアのマルサラワインに代えて。新鮮な魚貝をたっぷり使った、目にも美味しい料理の数々を堪能しました。ソムリエさんお勧めの白はワシントンのシャルドネ。輝きのある黄色、馥郁とした白い花の香り、マイルドな酸味・・・ブルゴーニュの名醸ワインみたいに美味しかったです。蜂蜜やナッティな香りも有りました。

_011_1 赤はメルローを頂きました。こちらもワシントン。帰宅後、早速、驚異の歌記憶術で復習しました。Californiaは【ダンシングクイーン】、Washingtonは、【好きになった人】の替え歌で・・・♪

パシフィックノースウェスト、ワシントン州は、アメリカで2番目、大陸性気候~♪赤(の品種)は、カベカベ(CS CF) Mer シラー、(白は)シャルドネ、SB リースリング、セミヨン♪

その下はオレゴン州、ピノノワールが有名ですね。

« 25 マルサンヌ | トップページ | 27 バルドリーノ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43641/1007923

この記事へのトラックバック一覧です: 26 ワシントンのシャルドネ:

« 25 マルサンヌ | トップページ | 27 バルドリーノ »