« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

45 受験仲間の2重目標

面識はないけど、私が勝手に受験仲間と思っているのが、さくらhttp://blog.livedoor.jp/wine2006/さんです。私はスクールに通わず受験勉強しているので、モチベーションを保つためにプログを始めました。さくらさんのプログも参考にさせて貰っています。

昨日、彼女の日記を読んで、2重目標という面白い言葉を知り、なるほどと納得しました。理想の目標と最低目標の二つを立てると良いそうです。

でっ、良いことは何でもまねしてみることにしているので、私も2重目標をたてました。最低目標はワイン地図の仕上げです。理想は連休中に過去問5年分を80分の時間厳守で100問ずつ解くことです。さくらさんみたいに若くない私には後がないので頑張らなきゃ!!

44 ついに来ました

_001_1 一昨日ついに、ソムリエ協会から18年度のソムリエ認定呼称試験の募集要項が送られて来ました。これを見ると、去年の試験を思い出して、なんか又ドキドキします。でも気が引き締まった感じです。昨日は仕事で電車に乗りましたが、往復の約2時間受験勉強しました。後約4ヶ月しかない・・のか、4ヶ月もある・・・のか。脳は確実に老化に向かっているのを感じます。去年よりは確実にワインの味は覚えたけど、忘れ去った記憶も多い。焦りも感じつつ前向きにに歩くしかないと自分に言い聞かせまし た。

 

_018

 さて、今夜勉強の為??飲んだワインはボルドーです。あまり安いボルドーは好きではなかったけど、当たり年の2000年、しかも6人家族経営のプチシャトーで手作業で情熱を持って作った・・・・と書かれていたので買って見ました。なんと1200円とは思えない出来映え!!嬉しかったです。

  

43 コート・デュ・ローヌ  シャトーギガ

_002_12 友人5人でランチに行って来ました。今日は宝塚の脱線事故からちょうど1年。マスコミもこの報道一色です。さすがにこんな日はランチは申し訳ない気もしましたが、5人の日程が今日しか合わなかったので決行しました。私達も震災を経験したり事故に遭ったり、思わぬ病にみまわれた経験を持つので他人事ではないけれど、毎日をそれぞれが、与えられた場所で仕事をこなし、解放された日を楽しみ感謝する事は悪い事ではないと思い ます。それに、みんなが自粛してしまうと、お店もスタッフも困りますよね。そんな話も交えつつ美味しい料理を楽しませて頂き_006_9ました。

写真は車エビとたらば蟹の炒め物です。ワインはートデュローヌ。品種はシラー、グルナッシュ、ムールヴェドルです。タンニンもしっかりあり、グルナッシュらしい果実味も感じました。

_008舞子ビラのもう一つのご馳走は、景色です。高台にあるホテルの8階なので絶景!!私の大好きな風景です。今日は新しいソムリエさんにもお目にかかり、料理長が何度も説明に来て下さり贅沢なひとときを堪能しました。

42 ミネルヴォア

Wain_002_2 今日飲んだワインはこれ、品種はシラー、グルナッシュ、カリニャン、ムールヴェドルです。価格はサービス価格?で1480円

そう言えば、去年のクリスマス頃に明石にあるフレンチレストランのアンシャンテで飲んだワインもミネルヴォアでした。先日飲んだ南フランス、スペイン寄りのラングドックルーション地方から、さらに産地を絞り込んだ 原産地表示です。

私がワインを勉強して良かったと思うのは、飲んだワインを覚えられること。ワインを見れば食事したレストランやメンバーまですぐに記憶を呼び出せるので、楽しい記憶と共に気分も蘇ります。嫌な記憶は、困るけど・・・・(^^;)

41 ラングドックル-ション

_002_11 今日は友人が6名来てくれました。その中の一人はワイン仲間のたかちゃんです。昨日買った梅ワインだけではきっと物足りないと思いもう1本用意していたのが、これです。品種はシラーとグルナッシュ、 サンソーなど南フランスのアッサンジュブラージュです。外観は赤みがかったガーネット、グラスを涙がゆっくり流れます。アルコールは高め。しなかやかなタン_003_4 ニンにベリー系の香り、グルナッシュらしい華やかな果実味 私がいつもシラーに感じるなめし皮っぽい動物系のニュアンスもあります。価格は2000円。料理と合わせて美味しいワインでした。でも料理は和洋折衷・・・だったけど^^;

40 4月の神戸ワイン城

_015_2 仕事帰りに神戸市北区にあるワイン城に立ち寄りました。今年は寒いので少し生育が遅れているようでしたが、剪定を終えたぶどうが発芽を待って居る様子でした。

メルマガ歌記憶術で復習しました。曲は汽車シュッポッポの歌です。

_014_1 ちょっと歌ってみませんか?(笑)楽しいですよ♪

土寄せ ビュタージュ 11から12月 1~3月剪定 タイユ

除草はデセルバージュ 3月の 樹液の涙はプルールよ!

発芽デブルマン 4月には展葉だ!フイヤーゾン この続きはぜひマグプレにある、ソムリエ試験驚異の記憶術でご覧下さいね。私も歌って覚えました。

Photo_9 写真は今日ワイン城で買ったフルーツワインです。明日友人が来るので買いました。

アルコール度数も少し低めなのでアルコールに弱い友人でも飲めそうです。

39 ボルド- 一周

_005_4 昨日のワイン会はボルドーのセミナー付きでした。メンバーは14名で空けたワインは11本。自慢の料理を持ち寄り、ワインをメインに愉しむ心やすらぐ、ひとときを過ごしました。以下がリストです。

1 シャトーフォンダルザックブラン04アントゥルドゥメール¥1100

 _004_42 シャトー シャススプリーン ブラン 03ボルドー¥3300

3 シャトー ロック・ド・ジャン・リス 03ボルドーシュペリール¥1800

4 シャトーマノワー・デュ・グラヴォー03コート・ド・カスティヨン¥2300

5 シャトー ピュイグロー 03ボルドー・コート・ド・ブラン¥3300 

 _006_8 6 シャトー ムーラン・ド・スーベイラン99オーメドック¥2500

7 レ・オード・ポンテカネ 02ポイヤック¥4100

8 レ・オード・スミス 99 ペサックレオニャン¥5000

9 シャトー ・ヴィュー・プーレ98サンテミリオングランクリュ¥3400

最後の2本は追加のおまけで写真忘れましたが、⑩サンクロワデュモンの白¥3000と⑪ラングドックルーション のシラーで¥5500でした。

_017_1 ついでに参加費をお知らせ!なんとたったの2500円です。参加希望の方はメール下さいね。素敵な方ばかり集まっていますよ♪ 入会金も在籍料も何も要らない有り難いワイン会です。  だから他のお店にはいけませんね~

38 シラー

_016 今日はコープでシラーを買って来ました。なんと尊敬するカロンhttp://ameblo.jp/vindecalon/さんも、偶然今日はシラーを飲んでおられました。

但し、私の買った値段は半額以下で(コープで1285円って中途半端な値段ですね)レッド・ビシクレット という名前です。

美しいぶどう畑の広がる丘を、赤い自転車で軽やかに走るイメージだそうです。味はなめらかにとけ込んだタンニンとスパイシーな香りが特徴って書いてました。カテゴリーはスーパーヴァンドペイって書いてありそんなのあったかな?と思いきや消費者の期待を越えるヴァンドペイで会社が勝手に作った品質分類とのこと。 味は値段の割にはまあまあいけます♪それから自転車がビシクレットってことはわかりました!(^^)!

さて、明日の夜は甲子園口のワイン会に参加です。明日は総勢20名近く集まるらしいので、楽しみです♪久々ずらりと並んだワインが楽しめそうです。報告はまた後日!明日は帰りが遅いかも・・・^^;

37 ファヴォリ

_005_3  フランス料理を習い始めました。今日がその1回目です。講師は元町にあるフレンチレストラン・ファヴォリのシェフ 越智良典氏です。

メニューは桜鯛とあさり、レタスと春野菜のエチュベ香草風味 若鶏とパスタのサラダレフォール風味 コーヒークリーム入りダッコワーズの3品

_002_10鯛はアクアパッツア風、 パスタサラダは鶏ときのこのご馳走サラダで西洋わさびの風味、デザートはラング県のダッコワーズという土地のものでコーヒー風味のカスタードクリームとアーモンドプードルのビスキュイ生地がマッチして美味しかったです。

_003_3 講座だからアルコールなしなので、それが寂しかったですね~^^;昨日飲んだミュスカデを持って行きたい感じでした。今日の料理の傾向としては、やはり旬の新鮮な素材を生かし、オリーブ油を使った調理方法で今風でした。若き料理人の来月の講座が楽しみです♪

36 ミュスカデ・ド・セール・エ・メーヌ SUR LIE

_003_2 今日飲んだのは、このミュスカデ!仏ロワール地方 大西洋寄りのペイ・ナンテ地区の白ワインです。シュル・リーはオリの上という意味で製造工程で発生した澱をそのまま底部に残したまま発酵させる方法です。

私が2年前、初めて飲んだミュスカデはマルク・ペノさんのワインです。普通は秋に仕込んで翌年の3月1日まで保存し出荷するのですが、なんと6月までそのままなので、AOCワインとして出荷出来ないけれど、とっても旨みのあるワインでした。私の通っている酒屋さん店主曰く『彼はこだわり過ぎて破産寸前です。』って言ってました。ところが先日朝日新聞の記事で石田有巳さんがお勧めのワインとしてペノさんのワインが紹介されていて嬉しくなりました。破産してなかった!?

以前フレンチレストランのトップオブシェラトンでも、一番安いワインを頼むとミュスカデが出て来ました。ランチタイムに4人で1本空けました。軽快な酸味がお昼にもピッタリでした。

35 月の家に ムルソー

_005_2 昨夜夫と摂津本山駅で待ち合わせして、ダイニングバー【月の家】に行きました。【月の家】は、神戸ベイシェラトンホテルのチーフソムリエだった巖本さんが任されているお店です。有名な建築家がデザインした空間はとてもお洒落で素敵でした。ダイニングバーは本格的な料理も出せて、お酒をゆっくり楽しめるバーと言った感じです。料理とお酒を良く知っている巖本さんが考えているので、どれもとっても美味しかったです。

初めに頼んだのは、シャンパン=ヴーヴクリコのロゼです。次に白はハーフボトルで【ムルソー2003年』、赤はグラスワインでメドックの96年を飲みました。料理は明石のタコと魚介を使ったカルパッチョ、神戸牛のほほ肉を使ったビーフシチュー アサリとトマトのボンゴレロッソ ホタルイカのペンネアラビアータ、筍とバジルのクリスピーピザ以上を夫と二人で分けて食べました。昨日はたくさん食べて飲んだので、久しぶりに酔いました。

写真は暗くて上手に撮れませんでしたが、こんな雰囲気でした。

34 プリミティーヴォ

_002_8 明日は仕事が休みなので、今夜はゆっくりワインを楽しみます。

開けたのはイタリアワイン、産地はプーリア州、 品種がプリミティーヴォです。品質分類はIGT=インディカツィオーネ・ジェオグラフィカ・ティピカです、つまりフランスならヴァンドペイってとこ。

値段もすごーく安いのに、けっこういけます。色は紫がかったガーネット。香りは熟した赤い果実。プラムっぽい香りも感じます。アルコール度はやや高めでミディアムボディです。溌剌とした酸味、しなやかなのにしっかりしたタンニン。2004年産だから若いけど、なめらかで刺激も少ない。余韻は中庸。華やかな香りではないけれど、しっとり落ち着いた感じでのイタリアっぽいワインです。でも、 私のコメントをアテにしないでね(笑)そうそう、夫がブログに初登場です。瓶の左に見えてる指。落花生を食べてる最中です♪

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »