料理教室

キッチン*コミュニケーション 

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 61 ブラインドで楽しむ | トップページ | 63 久住高原のメルロー »

62 ファヴォリ③

_002_17  今日で料理講習も3回目となりました。他の受講生の方ともうち解けてきたので、楽しい雰囲気です。メニューは、①チキンレバーとインゲンとマッシュルームのサラダ~クルミ風味で, アンディーブや、エシャロットあさつきなどが入った簡単な前菜ですが、普段家庭では揃えないフレンチらしい食材を使うので、勉強になります。

_001_6②アジのニース風はドライトマトとアンチョビの入ったペースト、やバジルソースを塗りパン粉焼きにしているので、奥の深い味です。ソースはバルサミコ酢とカレーオイルの混じった複雑で微妙なコンビネーションが良かったです。 バルサミコ酢を少し煮つめたり・・・という一手間かけた丁寧さが美味しさの秘密ですね。

_003_11 ③バナナムース チュイル添えはピューレにしたバナナとホイップした生クリームを合わせただけでとっても簡単なデザート。チュイルは卵白だけを使うので、卵の白身が余った時に重宝しそうなレシピです。イタダキ!

さて、越智シェフの料理はいつもボリュームがありワインが欲しくなりま_008_2 す。どんなワインが合うかな?と想像しながら料理を頂くわけですが、今日は間違いなくプロバンスのワイン。先日のプロバンスセミナーで3番目に飲んだ、ドメーヌ・デ・ウリエキュベ・セザンヌがきっと合うと思いました。グルナッシュ・シラー・サンソーのアッサンブラージュでスパイシー、活き活きした酸味、軽やかな感じで辛口仕立て、ランチなので白~赤までというほど時間もないし、そんなとき1種類で楽しめる感じがしました。ワインを勉強していると想像の世界も広がり、あらゆる意味で楽しさが広がりますね♪

さて、今日も歌記憶術でお勉強。ぜひソムリエ試験対策講座でご覧下さいね。あっ、そうそう!ソムリエ試験対策講座の湯吉さんが時々このブログを覗いて下さっていることが判明。 嬉し・恥ずかし・恐縮・デス ^^;

« 61 ブラインドで楽しむ | トップページ | 63 久住高原のメルロー »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43641/2215470

この記事へのトラックバック一覧です: 62 ファヴォリ③:

« 61 ブラインドで楽しむ | トップページ | 63 久住高原のメルロー »