« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

69 ベルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ

_004_12 魚の棚に行きました。ちょうど昼網の時間で新鮮な鯖が3尾で500円。サイズも大きくラッキーでした。魚の棚は明石の台所で、野菜も新鮮だし、専門的な食材も揃ってとても楽しい場所です。実はマニアックなワインを取り扱っている酒屋さんもあり、ちょこちょこ覗いて楽しんでいます。

Photo_13 写真左が今日魚の棚で買ったベルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ。イタリアトスカーナ州のDOCGワインで、唯一の白ワインです。DOCGワインはイタリアの原産地統制呼称の最上格で31銘柄あります。次がDOCで306銘柄。受験の為31のDOCGとDOCは約30のみ覚えました。地図に州別にワインを振り分けワイン名と品種名と赤・白・ロゼ・泡のタイプを全て記入し暗記しました。

原語で書き込みましたが、イタリアワインは名前が長いので、書くのが大変。これは、おばさんの私にはちょっと辛い作業でした。

Chizu_002 地図をいつも持ち歩いているので、もうボロボロですが、コピーした物を洗面所にも貼り付けて、朝晩、歌記憶術と共に復習です。洗面所だけでなく、家中に世界の地図が貼ってありお陰で、地理には随分強くなりました。

これを暗記出来たのもメルマガの『ソムリエ試験対策~驚異の歌記憶術』のお陰です。イタリアの歌でお気に入りの歌は、ちびまるこ。この「歌1曲で31のDOCG全てが網羅されています。元気になる歌です。

68 チリのシャルドネとピノ

_002_20 幼なじみのJちゃんとハワイアンコンサートに行きました。ハワイで初のグラミー賞受賞アーティスト、ブロットマンがリーダーを務めるKOHALA(コハラ)のアコースティック・ギター・トリオです。癒しのメロディーとともに、優雅で美しいフラ・ダンスや歌も披露されました。ダンサーが美人でグラマーなので、特に男性が大喜びでした。おじさんのかけ声いっぱい♪

_004_10その後、食事に行きました。生ハムのサラダに合わせたのはチリのシャルドネ。フレッシュな舌触り、香りも高く切れのある美味しいワインでした。メインのパスタには同じくチリのピノノワールです。リーズナブルなワインで、1000円位のコンチャイトロサンライズのように少し甘めに仕上げてありました。フランスやアメリカとは、やはり全くちがう作り方と思いました。

67 シェラトンのワインの休日

_005_8 昨日は神戸ベイシェラトンホテルの【ワインの休日】に参加しました。講座で知り合った方とその奥様、友人の4名で楽しみました。素敵な前菜とメイン料理とチーズがついていて、ワインの試飲が無料です。有料試飲もありますが、世界のワインがゆったり飲めるので、とても素敵な催しです。参加費は5000円でした。

昨日飲んだのは10種類程度で、買ったのはボルドーのSBとアメリカのシャルドネです。

一応勉強のため、単一品種を選ぶようにしています。そうそう、ホテルへ向かう電車の中で2003年のアドバイザーの2次の試験問題をしました。その中にドイツのシャルツホーフベルガーの有名な醸造家を問う問題があり答えはエゴンミュラー。そして会場で、数あるワインの中からたまたま選んだ白ワインがまさに、それ!!偶然にびっくりしました。確かに美味しかったです。これはもう忘れない♪

66 オレンジスパークリングワイン

_001_8 昨日ワイン城で買ってきたオレンジのスパークリングワインです。貴ちゃん他、6名で一緒に飲みました。神戸ワインのフルーツワインは女性に人気です。フルーツカクテルっぽくて、缶チューハイよりお洒落だし、とても飲みやすい。ワインが好きではな い方にも、喜んでもらえます。

_002_18

お中元の季節には、これを送りましょう!!という話になりました。今の所、一番人気は梅ワインです。本当に美味しいです。だから、みんなで地元の神戸ワインを応援しましょうね!!

65 たかちゃんのぶどうの木

_014_3 今日も仕事で北区に出かけていたので、帰りにワイン城に寄り道しました。ぶどう畑で、ワイン仲間のたかちゃんのぶどうの木を見つけました。ぶどうの木は先日に比べ、またグンと成長し、果実もはっきりわかるようになってきました。

今日買ったのはオレンジのスパークリングワインです。以前からどんな味か気になっていましたので。明日たかちゃんが我が家に来てくれるので、一緒に楽しみたいと思います。

今日のワイン城は見たことがないくらい人がいっぱいいました。だから今日は動くぬいぐるみにも乗れませんでした(^^;)

64 43年物の梅酒

_011_5 昨夜は舞子ビラで料理長の贅を尽くした食事会でした。梅酒の古酒がアペリティフでした。マディラやシェリーに感じるような香りと薬膳酒のような香りが混在し奥深いまろやかな味でした。

ソムリエさんセレクトのワインはサウスオーストラリアのクナワラのリースリング、シラーズ、カベルネソービニヨン、とローヌのタベルロゼの5種類。品種の個性はフランスやドイツとまた微妙に違って、面白いと感じました。もちろん美味しかったです。ディナーは明石海峡から播磨灘にかけて沈_001_7 みゆく夕陽を眺めながら、始まりました。舞子ビラ海蛍のロケーションは最高です。席は、参加者17名全員に海が見えるように並べられゆったりと楽しめるよう配慮されていました。フカヒレから、鮑、海燕の巣、タラバ蟹、うちわえび、真つぶ貝、鰻、穴子、和牛等々高級食材のオンパレード、以下に写真をずらりと紹介しますので、目で楽しんで見て下さいね。素_003_13 _008_4 晴らしい食材を活かす技術と心を持った清水料理長、優雅な雰囲気を演出するスタッフ、そして料理に花を添えてくれた、友人の安田さんの歌、_004_8 _005_7 _007_9全てが揃って素敵な食事会となりました。

_035 _012_1 _010_3 _014_2 _015_5 _016_2 _020 _019_1 _021 _022 _023 _044 _036

_032         _029 _049

_024_028 _027 _026 _050 _052

63 久住高原のメルロー

_006_12 知り合いの甥子さんが生産に関わっているワインを頂きました。大分県の久住高原のワインです。聞いたことのある名前だなぁ・・・と思ったら、そうそう一昨年の秋に卓球仲間と旅行で訪れた場所です。コスモスが綺麗だというので、タクシーを飛ばして行ったら、なんと臨時休業でした。私は有名な臨時休業女なのに確認を忘れていたため7人も巻き添えに・・・(>_<)

さて、そんな思い出に浸りながら、ワインを開けました。生産年はわかりませんが、色から見ると若い感じ。でもメルローらしい控えめなタンニンと滑らかな舌触り。外観は紫からほんの少し熟成が進んだ赤に近い色あいで、澄んで輝きがあります。グラスを傾けると比較的さらっとした涙。タイプはミディアムボディ。スパイシーな香りとぶどうらしい香りも感じます。甘味は少なく爽やかな酸味を多く感じました。なぁんて、コメントこんな感じでいかがでしょうか?自信ないけど(^^;)

62 ファヴォリ③

_002_17  今日で料理講習も3回目となりました。他の受講生の方ともうち解けてきたので、楽しい雰囲気です。メニューは、①チキンレバーとインゲンとマッシュルームのサラダ~クルミ風味で, アンディーブや、エシャロットあさつきなどが入った簡単な前菜ですが、普段家庭では揃えないフレンチらしい食材を使うので、勉強になります。

_001_6②アジのニース風はドライトマトとアンチョビの入ったペースト、やバジルソースを塗りパン粉焼きにしているので、奥の深い味です。ソースはバルサミコ酢とカレーオイルの混じった複雑で微妙なコンビネーションが良かったです。 バルサミコ酢を少し煮つめたり・・・という一手間かけた丁寧さが美味しさの秘密ですね。

_003_11 ③バナナムース チュイル添えはピューレにしたバナナとホイップした生クリームを合わせただけでとっても簡単なデザート。チュイルは卵白だけを使うので、卵の白身が余った時に重宝しそうなレシピです。イタダキ!

さて、越智シェフの料理はいつもボリュームがありワインが欲しくなりま_008_2 す。どんなワインが合うかな?と想像しながら料理を頂くわけですが、今日は間違いなくプロバンスのワイン。先日のプロバンスセミナーで3番目に飲んだ、ドメーヌ・デ・ウリエキュベ・セザンヌがきっと合うと思いました。グルナッシュ・シラー・サンソーのアッサンブラージュでスパイシー、活き活きした酸味、軽やかな感じで辛口仕立て、ランチなので白~赤までというほど時間もないし、そんなとき1種類で楽しめる感じがしました。ワインを勉強していると想像の世界も広がり、あらゆる意味で楽しさが広がりますね♪

さて、今日も歌記憶術でお勉強。ぜひソムリエ試験対策講座でご覧下さいね。あっ、そうそう!ソムリエ試験対策講座の湯吉さんが時々このブログを覗いて下さっていることが判明。 嬉し・恥ずかし・恐縮・デス ^^;

61 ブラインドで楽しむ

Kinntoma_002 昨夜は【キン・ト・マ】=【金曜・十一屋酒店・松本会】でした。オーナーの松本さんは、お若いですが、人情溢れるかたなので、実に大勢の方が集まってきます。酒関係の業者の方や、日本酒やワインの造り手などプロや愛好家に混じり、初心者の私も十一屋酒店の仲間に入れて頂き、月に1度勉強を兼ねて楽しませて頂いています。

昨日はワインの銘柄を隠して、ワインを飲み、ぶどうの品種や生産国、生産年を当てっこしました。70%位は解りました。でもビンの形で7割予想がつくので、あまり自慢できないですね。でも去年に比べたら、格段に解るようになりました。去年の2次試験は落ちて当然だった気がします。

山梨のSBはビンの形で間違えました。松本さんの作戦にまんまとひっかかりました^^;松本オーナーは喜んでいました♪

さて、ワイン名と品種、値段は以下のカマッチョ・ママのHPで詳しくご紹介しています。http://home1.netpalace.jp/kamaccho-mama/room2/room2.cgi?mode=koumoku&no=5&p=0

60 6月のワイン城

_003_10 今日も仕事の後、ワイン城に行ってみました。少しの間にまたぐんと成長!写真はカベルネソービニョンで、1本ずつ持ち主がいます。№1のネームプレートがかけられていました。いいなァ。来年は申し込みしようっと!

_004_7 私はここのフルーツワインはどれを飲んでもすごく美味しいと思います。特に好きなのは梅ワインです。女性の集まりに出すといつも喜ばれます。   帰りにワイン城の中庭で、童心に帰って遊びました。実は夕方で誰もいなかったから、大きな犬のぬいぐるみに乗りました。200円入れると動くん

_015_4 です。楽しかった♪

59 日曜日の夜の楽しみ

Suzudaietto_002 普段はテレビにこだわりがありませんが、日曜の夜だけは、世界地図を開き、ワインを片手にのんびり世界遺産を見るのが楽しみの一つです。

でも昨日はサッカーの試合で見られませんでした。私は、サッカーの事はあまり知らなくて、世間からすっかり取り残されているみたいです。でも、何事にも、熱くなりやすい性格だから、知らなくて良かったです。これ以上好きなものが増えると、体がもちませんからねー ^^;

写真はプロフーズで買った2000年のボルドーです。1000円ですが、これがイケテル♪ブログ2度目の登場です。

58 テックスメックス

_001_5 今日は料理講習会に受講生で参加しました。テキサスとメキシコ辺りのファーストフード、テックスメックス料理ブリトーを作りました、コーンミールのナンみたいな生地でフィリングを巻いた食べ物です。ゲストに谷五朗さんが来ておられました。今年の3月まで月に1度だけど、2年半ラジオ関西の仕事でご一緒させて頂きました。久しぶりにお会い出来て嬉し_002_16 かった♪さてこのスパイシーな食べ物に昨日のプロバンスワインの7番目を合わせたらきっと合うだろうなあと思いつつも、昨日飲み過ぎたから、今日は、ワインは禁句と思ってぐっと、こらえました。 な・の・に!!なんと、たまたま隣にいた女性が『ワイン飲みたくなりますねー』 だって(^^;)

Semina_002 さて左の写真は昨日のセミナーの試飲コメントです。スピードについていけず、だんだん酔ってきたせいか、ひどい文字の羅列。今日見たら解読不明。ラングドンとソフィーならどう読む!?(ダビンチコード読んでない方は益々意味不明。ごめんなさい。)

57 プロヴァンスワインセミナー

_015_3  今日はソムリエ協会主催のワインセミナーに参加しました。場所はハーバーランドニューオータニです。プロバンスから造り手とソムリエ協会の会長(=なんと!素敵な女性でびっくり)ご一行が来られて、説明+試飲たっぷり!。会員なので参加費1000円でとっても良いお勉強をさせて頂きました。8種類もの試飲にびっくりです。しかもその後も試飲会があり結局グラス10杯は飲んだかも・・・

_013_5 さて、ワインに合う日本食の説明をして下さったのは、なんとあのビストロ近藤亭のオーナー近藤さんです。彼は兵庫県の副支部長をされていて、シニアの資格もお持ちです。時間が押し気味な中、短くスマートで的確なコメントで感心しました。

そうそう会場受付で近藤さんにお会いした時、カマッチョママさんと言われてびっくり!見て下さってたのですね^^;嬉しいやら恥ずかしいやら・・・これからはもうちょっとましなコメントを書かなければ・・・(^^;)

_017_2 帰りは、娘がお世話になってるケーキ屋さん=ガレットに寄ってオーナーとおしゃべりし、さらに元町のファヴォリさんに行き一人ディナーしてきました。はなさんhttp://blog.livedoor.jp/hana3vvv/とも初めてお会いして贅沢で楽しい時間を過ごさせて頂きました。

_019 今日飲んだワインを数えてみたらファヴォリさんを入れて、グラス12杯。久しぶりに飲み過ぎたかも・・・でもプロバンスのAOCとセパージュはしっかり押さえました。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »