料理教室

キッチン*コミュニケーション 

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 80 ぶどう畑の自然環境CDロム | トップページ | 82 ファボリ第4弾 »

81 ポルトガルのワイン

_004_18 ポルトガルワインを頂きました。産地はポルトガル中央部よりやや北寄りの内陸部 ダンです。ここのネラスの町にはソムリエの像があるそうです。

ポルトガルワインを飲んだから、!ポルトガルの勉強します!!品質分類はビーノ・デ・メサ ビーノ・デ・レジョナル IPR(Indica o poroveni ncia Regulmentada) DOC(Denomina o de Origen Contorolada)の4っつ.。白ぶどうと黒ぶどうの品種をとりあえず5つづつ暗記し直し。DOCの数は23+1 。最も有名なドウロは押さえます。ルビー、ホワイト、トゥニー、ヤングトゥニー 。スペシャルタイプの中のヴィンテージポート、レイトボトルドヴィンテージポート,コリェイタ、 トウニー、ライトドライ白等々押さえるべきポイントはまだまだあります。マディラの産地、分類加熱=エストファの2種類の様式など、今夜も復習頑張ります。

_003_18 輝きのある黄金色でディスクは厚め。当然アルコール度高めです。香りは私には初めての香りを感じました。生ハムみたいな香りが印象的。味わいはフレッシュ感があり、ちょっと個性的。パンチの効いた料理にあいそうです。もう1本はイタリアワインで、品種はピノグリ(シノニム別名はブラウブルグンダー=トアカイザルダス=ルーレンダー=スルケバラート)です。

ぶどう品種は生産地域によって呼び方が変わります。これを覚えるのがまた一苦労です。

« 80 ぶどう畑の自然環境CDロム | トップページ | 82 ファボリ第4弾 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43641/2737996

この記事へのトラックバック一覧です: 81 ポルトガルのワイン:

« 80 ぶどう畑の自然環境CDロム | トップページ | 82 ファボリ第4弾 »