« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

85 海辺の絶景宿全国1位セトレ

_016_4 _018_1 今日は子供のパン教室の後、信頼出来る友人の柴Tさんとセトレでランチしました。彼女とは仕事で知り合い、約15年、苦楽を共にしてきた同志です。優しくて気配りがある素敵なお姉さん。そんな彼女が、私を講師として、立てて下さって、素晴らしいアシストをしてくれるので、心おきなく良い仕事が出来ます。感謝しています。

_022_1

_019_2ランチの場所は、よく行くレストランセトレです。ここがなんと、海辺の絶景全国ランキング1位になったそうです。

隠しておきたいほど、素敵な場所なので、言わずにおれない複雑な気持ち(笑)

そびえたつ明石海峡大橋、眼前を行き交う大きな船、気持ちよさそうに飛ぶかもめ、全て絵になる風景です。料理はイタリアで修行してきたシェフの本格派。ワインと共に楽しめば最高・・ですが、今日は車なので、残念無念我慢しました。写真のパスタはタリアテッレ。卵入りの平麺です。合うワインはサンジョベーゼ・ディ・ロマーニャです。一応帰宅後ソムリエ教本で、確認しました。

84 ニュージーランドのソービニョンブラン

_015_6 今日は宝塚で子供の教室。帰り道、三ノ宮で乗り換えなので、ついでにそごうに寄りました。そごうの地下には美味しいチーズとワインを頂けるコーナーがあります。いきなり大人の世界だけど、試験に向けての勉強のつもりで、お茶替わりにワインを1グラスと思いつつ・・・+2グラス。結局昼間っから3グラス^^;

_016_3 ここには熊崎さんというソムリエさんがおられて、チーズに合わせた美味しいワインを選んでくれます。知識も豊富で色々教えて下さいます。ワインの講習会も主催されているとのことです。

飲んだワインはオーストラリア、マーガレットリバーのSBとセミヨンのアッサンブラージュ、ニュージーランドのSB、アルザスのリースリングの3種類。ニュージーランドのSBが気にいったので、買って帰りました。価格は3000円。外観は緑がかった薄い黄色。澄んで輝きあり。ハーブの香り、青っぽい草の香り。白い花やリンゴっぽい香りも。フレッシュな酸味、なめらかなアタック、ミネラル感有り。続きはまたゆっくり味わってから・・・

83 フォカッチャ

Sharudone 明日仕事で宝塚に行きます。1年ぶりにフォカッチャを作るので、おさらいしました。自分で言うのもなんですが・・・(笑)本当に美味しい!じゃがいもを生地に錬り込んだ平焼きパンです。

試食してたら、やはりワインが欲しくなりました。今日開けたのはシャルドネです。2005年産で産地はヴァンドペイドックです。

今日は住吉で仕事し、帰宅後はもちろん夕食の用意、そして8時半から明日の仕事の買い物にでかけ、その後フォカッチャを作りました。よく働いた後の1杯はおいしい!!

明日は電車に乗る時間が長いので、通勤時間を利用してしっかり勉強する予定です。

82 ファボリ第4弾

Favori_003 Favori_010 Favori_011 Favori_013 Favori_014 Favori_012 Favori_015 Favori_016 Favori_017

今夜もファヴォリさんに行って来ました。今日で4回目です。メンバーはパンの小屋の仲間です。年に2回真田先生と共に会食させて頂いています。とても贅沢で楽しい時間です。越知シェフの素晴らしいお料理とファヴォリスタッフの花さんやゾエさんによるフレンドリーなサービスで、最高の気分を満喫させて頂きました。シェフこだわりの有機野菜を使い、淡路島など近場の新鮮な穴子や太刀魚、またフォアグラや子牛など高級な素材もふんだんに使った、素敵なディナーでした。ワインもシャンパンと93年のシャトーヌフ・ドパプで贅沢しました。スタッフはなさんが3日も前からイメージトレーニングを積み、初デキャンタージュに挑戦!光栄です♪本当にありがとう。

まだ少しアルコールが残った頭で更新中なので、味わいについてはまたの機会に・・・

81 ポルトガルのワイン

_004_18 ポルトガルワインを頂きました。産地はポルトガル中央部よりやや北寄りの内陸部 ダンです。ここのネラスの町にはソムリエの像があるそうです。

ポルトガルワインを飲んだから、!ポルトガルの勉強します!!品質分類はビーノ・デ・メサ ビーノ・デ・レジョナル IPR(Indica o poroveni ncia Regulmentada) DOC(Denomina o de Origen Contorolada)の4っつ.。白ぶどうと黒ぶどうの品種をとりあえず5つづつ暗記し直し。DOCの数は23+1 。最も有名なドウロは押さえます。ルビー、ホワイト、トゥニー、ヤングトゥニー 。スペシャルタイプの中のヴィンテージポート、レイトボトルドヴィンテージポート,コリェイタ、 トウニー、ライトドライ白等々押さえるべきポイントはまだまだあります。マディラの産地、分類加熱=エストファの2種類の様式など、今夜も復習頑張ります。

_003_18 輝きのある黄金色でディスクは厚め。当然アルコール度高めです。香りは私には初めての香りを感じました。生ハムみたいな香りが印象的。味わいはフレッシュ感があり、ちょっと個性的。パンチの効いた料理にあいそうです。もう1本はイタリアワインで、品種はピノグリ(シノニム別名はブラウブルグンダー=トアカイザルダス=ルーレンダー=スルケバラート)です。

ぶどう品種は生産地域によって呼び方が変わります。これを覚えるのがまた一苦労です。

80 ぶどう畑の自然環境CDロム

_006_16 ソムリエ協会が発売しているCDロムが届きました。ぶどうの産地の様子が美しい写真入りで詳しく解説されています。記事の量がたっぷりあるので、ざっと目を通しただけで,まだ全部は読み切れていません。少しづつ楽しみながら読み進めたいと思います。

左写真、協会誌ソムリエの本の上に乗せているのが、CDロムです。ソムリエ教本に続いて、こちらもインターネットで注文して買いました。注文番号を控えて、近所にあるローソンのロッピーで支払いすると、翌翌日には現物が届くスピードです。ホント便利な世の中ですね。

_005_15 写真は今日のランチ。友人が遊びに来てくれたので、簡単に出来るナンとカレーを用意しました。さて、飲物ですが、暑い季節はやはり冷たい物が美味しく感じますね。冷やした白を用意しました。

79 夕食とワイン

_004_17 写真は今日の晩ご飯。鰯のカレー風味フライ、鯖の味噌煮、帆立貝のひもときゅうりの和え物、茸と豆腐のみそ汁、淡路の紫玉葱のサラダ、の5品に白ワインを合わせました。明石は鮮度の良い魚が安く手に入ります。鰯1尾30円、ゴマ鯖1尾150円、玉葱やトマトは頂き物なので、今日は材料費400円位です。

安い材料でも、ワインを合わせると豪華っぽくなった気がします。1杯だけ飲みました。夜は一応受験勉強があるから、量は控えめに我慢です。でも、最近夫が冷たい白ワインが美味しいと言って、飲むので、取り合いです^^;オーストラリアのシャルドネとセミヨンのアッサンブラージュです。

78 世界遺産

Pinot_noire_002 

私の 日曜の夜11時半のお決まりは毎日放送の世界遺産ですが、土曜日からNHKが特集で世界遺産を放送しているので、こちらも目が離せません。土曜はイタリアのチンクエテッレでした。昨日はフランスのフォンテーンブローに始まり、連続8日間南フランスのマルセイユまでの旅が放送されます。私は受験勉強中なので、頭の中にはフランスの地図が一応描かれていますが、実際に見たことがない場所なので、とても楽しみです。今週の夜は受験勉強がおろそかになりそうです。

さて作夜飲んだワインはAOCヴォーヌロマネです。キントマ(金曜・十一屋・松本会)で余ったピノを頂いて来たので、産地の差を確かめたくて、同じ品種を開けました。外観、香り、味わいなどチェックポイントを押さえつつ、楽しみました。

  

77 甲子園口 ワイン会

_014_4 昨夜は、メンバー少なくて6人。空けたワインは次の通り①ブルゴーニュアリゴテ04 ②ラブレロワ ピノノワール04 ③ブルゴーニュ ピノノワール04 ④コートデュローヌ04 昨日もブラインド、ほぼ解りました。推察の方法が、やっと解ってきたので、消去法を使うと絞り込んで行ける確信が湧きました。

_007_10

写真は、宝塚のパン教室で作ったグリッシーニ。ワインにもピッタリで喜ばれました。昨日の朝は7時過ぎに家を出て、大阪上本町6丁目→宝塚パンの小屋→立花→甲子園口の4カ所で、無事目的を果たしました。移動時間を最大限に生かしたいので、朝は早めに家を出て、西明石→大阪間は普通電車で座って、じっくりソムリエ教本を読みました。あと二ヶ月しかないので、少しの時間も無駄にせず、勉強しようと思います。昨日もなんとか二時間位は確保出来たと思います。

76 イタリア新DOCG

_001_10 新しい教本が来て、又ファイトが湧いて来た私。1ページから順番に読むつもりでも、気になって仕方ないのが、イタリアの新DOCGです。左側が今年の教本です。早速数えると今年は34、DOCも314に増えていました。去年DOCG 31は全て原語で覚えました。今年はそれに3っつプラスするだけだから、これは大丈夫。

①ピエモンテ州ドルチェット・ディ・ドリアーニ・スペリオーレ/ドリアーニ Rosso品種はドルチェット②フリウーリヴェネチアジューリア州のコッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ・ピコリット Bianco 品種はピコリット ③シチリア州チェラスオーロ・ディ・ヴィットリアRosso品種はカラブレーゼ以上です。でも初めての数を覚えるのは楽だけど、数字を記憶の中で書き換えるのが以外に難しい。やっと覚えた古い数字はなかなか忘れられないので、新しい数字とごちゃ混ぜに・・・(>_<)古い頭で新しい勉強をするってやっぱり大変(^^;)

_008_7 でも、EU加盟国によるワイン法による品質分類は去年と変わりなくて良かった。去年はスペインが4→6にカテゴリーが増えて覚えるのに苦労したし・・・だって、原語で覚えるんですよ-

75 ファヴォリ・フレンチ・クッキング

_004_16 _003_17 _005_14 今日はコープカルチャー明石で料理教室。講師はお馴染みファヴォリの越知シェフです。10人程度のこじんまりした教室なので、アットホームな雰囲気です。今日のメニューはスペインの有名なスープ=アンダルシア風ガスパチョ、若鶏の煮込み赤ワインビネガー風味、デザートはヨーグルトのババロアと巨峰のゼリーの3品。楽しくお話して、楽しい時間を過ごしました。さて、ワインの話。今日の料理に合わせるならアンダルシアで有名なのはシェリー。1種類で3品楽しむなら、シャンパン方式のスパークリングワイン、カヴァでしょうか。

_013_6 さてこちらは、昨日届いたソムリエ教本です。全部で609ページ。見たい場所を探すのが大変なので、インデックスを付けました。この作業もこれで4回目です。2年前の春に通信教育を始め、最初に届いたのは、緑色のB5サイズが2冊。同じ年の7月に黄色が届き、去年はピンク色。そして今回は水色です。出来ればこれで最後にしたい・・・。ダメダメ、資格者は一生勉強ですよね!!今日から毎日20ページずつ復習すると、1ヶ月でなんとか読破。その後、もう一度復習の予定です。

74 翠亨園

_001_9 _002_24 _003_15 _004_14 _005_12 7gatu200620050 7gatu200620051 _008_6 7gatu200620053 7gatu200620054

今日は総勢33名の翠亨園食事会。神戸ベイシェラトンホテル中国料理レストランです。料理は全部で10品。でも前菜だけで9品あったから、本当にすごい数です。どれも完璧な味。絶賛の嵐でした!尊敬する中出料理長の本物の味を堪能しました。参加者全員素敵な笑顔で、帰路に着きました。

_010_4 さて、夕方、高知から一本吊りの土佐かつおが届きました。喜んでいるのもつかの間、続いて注文していた2006年度ソムリエ教本がやってきました。去年まで二冊に別れていた本が一冊になったので、電話帳並のぶ厚さです。今日からまた毎日教本を読んで、去年との違いを見つけださなければなりません。今年変わった部分が試験に出題される可能性が高いからです。新しい本を見るとまた、気が引き締まりました。今毎日2時間程度の勉強時間を確保していますが、去年の8月の後半は、毎日8時間以上頑張りました。今年は2次からで9月19日が受験日なので、ピークを少しずらしつつもう一度自分を追い込みたいと思います。ファイト湧いてきました!ちょっとマゾ?笑

73 日曜の夜の楽しみは・・・

_005_11 ・・・・ってまた、同じ事書いてますねー。今、世界遺産見て、ワイン飲みながら、ブログ更新してます。今日あけたのは、シャブリです。夫が誕生日祝いに買ってくれたのですが、頂き物がたまたま重なったので、並べて喜んでました。色の比較をするため、イタリアワインと比べました。

外観は澄んで輝きがあり、薄いレモンイエローで、少し緑がかっています。比較的さらりとした涙、若々しい外観。香りはフルーティで柑橘系、リンゴ、ハーブ香があります。心地よいアタックと若々しい酸味と舌触り。シャブリだからやはりキレがあります。2004年産。

ソムリエ教本に記載されてる、チーズはブルゴーニュ地方ならエポアス、シャンパーニュ地方ならシャウルス、ラングル。今日の私はガレットのチーズケーキ!!藤井さんのチーズケーキは本当に美味しいんです!今日も娘がゲットしてきてくれました♪

今日の日中は実家で、留守番。ひとりきりで、テレビも音楽も消して、集中して勉強しました。

72 ファヴォリ 第2弾

7gatu_6_003 7gatu_6_004 今日もファヴォリさんで22名の食事会でした。でもメンバーが替わって、ワインが変わったので、同じ料理でも、とても美味しく頂きました。2回目は特にじっくりと味わえます。久しぶりにお会い出来た方々と席を変えながらゆっくりお話させて頂きました。

さて、今日飲んだワインは2種類とも、ソービニヨンブランです。産地はバンドペイドックと、カリフォルニアでした。1杯目はSBって解らなかったです。爽やかで切れのある酸味、柑橘系の香り、SBっぽくなかった気がするんだけど。今日はまた自信なくなりました・・・^^;

71 ファヴォリで夏の食事会

_002_23 _003_14 _005_9 _008_5 _004_13  Tannjoubi_001 _006_15

夏の食事会初日の今日は、誕生日も重なって、嬉しい1日でした。ファヴォリさんのメニューも夏らしい素敵な献立でした。アミューズにハモ、ガスパチョには鮎が使われ、たでの葉があしらわれていて、とてもお洒落でした。味も、もちろん素晴らしい!(タデは勿(>_<))予算から言えば、魚か肉のハーフコースの筈なのに、平目に、子牛までのフルコースで申し訳ない位。大大満足でした。さて、箱に入ったワインは今朝、届いた、Vosne-Romaneeです。コートドールのニュイサンジョルジュ。品種はPinotNoirです。

70 カンポフェリーチェ

Magi_001_1 昨夜もスパゲティ専門店のmaggeeに家族5人で行きました。前菜と共に頼んだワインはアルザスのリースリング。産地はモーゼル・ザール・ルーバー。酸味と甘味のバランスが良くふくよかな香りです。熱々のスパゲッティがまた、とても美味しく、お腹もすいていたので沈黙のまま、5人で競争の如く完食!カウンターだし、間が持たないので、娘達と別れ 夫と2Magi_002_1 軒目へ。すぐ近くのキャッスルホテル内のイタリアンレストラン・カンポフェリーチェで少し飲みました。 写真はカンパーニア州の名物料理、ポルピ・アッラ・ルチアーナ=つまりタコのマリネにんにく風味のこと。ソムリエ教本に載っている基本の組み合わせのワインは、グレーコ・ディ・テュフォー。

Magi_003 こちらはチーズの盛り合わせ。ゴルゴンゾーラ ・タレッジオ・コンティラ・カマンベール・スモークチーズの5種類。赤い実はグロゼット=赤すぐりの実です。歩いて10分ほどのレストランですが結構本格的なイタリアンです。値段も手頃でランチは1000円で豪華!ビックリ!!お勧めです♪

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »