« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

101 夏の名残の野菜カレー

Urokokumo_001 今朝、ベランダから見上げた空の写真です。澄み切った秋の空♪

部屋を飾っていた夏の小物を片づけて、ついでに冷蔵庫の中も片づけて・・・

夏の名残の野菜も、集めてカレーにしました。

_002_31 _003_26 _005_23 今朝、実家の庭の草むしりや玄関周りの掃除をしていたら、近所の奥さんから穫れたてのオクラを頂き、貰い物集めてカレー作りました。先日頂いたメキシコピーマンを入れて激辛カレーにしようと思っていたら、これは予想以上の危険物でした!!

切っただけで、汗と涙が出て来て、汗を拭いたら、さあ大変!!(>_<)顔中チカチカして、痛み出しました。チャツネや、ヨーグルトを加え、途中でワインを、お鍋と喉に流し込み、なんとか美味しく仕上げたけど、まだ指先までヒリヒリ(;_;)です。

_009_11 ワインは神戸ワインのロゼ(メルロー主体)。色はタベルロゼよりさらにガーネットがかった感じ。ジャムの香りがして、意外に合いました。最近大きなワイングラスに野菜を入れてサラダにします。 オリーブ油とワインビネガーと塩・胡椒をかけて混ぜるだけ。見た目が綺麗で簡単なので気に入ってます♪サフランライスを添えました。

100 ワイン城

_003_25 仕事帰りにワイン城に立ち寄りぶどうの様子を見てきました。ぶどうのオーナー制度に登録している友人の貴ちゃんのぶどうもすっかり色づいていました。ぶどうが成長して、果実が実った様子を自分に例えるというストーリーを作ってみたのに、写真がない!! ない ?? なぜか消してしまったようで(>_<)・・・ぶどうの写真を今日はアップして100回目の記念にしようと思っていたのに、最後には、いつもドジな私を表現している感じ・・・昨日の試験84点だったけど、こんなずっこけた結果にならないように気を引き締めなきゃ!!ってもう一度思いました。

_005_22 _006_24 _010_11 とりあえず、写真は今日買ってきたワイン城土産のワインパスタです。隣にあるJAの市場で新鮮な野菜もたくさん買ってきたので、夏の名残を惜しむ野菜たっぷりのバジルパスタにしました。 バジルとオリーブオイルをフードプロセッサーにかけてフレッシュバジルソースを作りました。ワインはドイツのモーゼルザールルーバーのリースリングです。

友人に頂いた野菜もついでに紹介します。白っぽいのがバナナピーマン、赤いのは韓国唐辛子と、背が低い赤色のはトマトピーマン 緑はズッキーニと激辛で有名な、ハバネロの仲間のメキシコピーマンです。変わった野菜ばっかり作ってるそうです(笑)

99 22回ソムリエ呼称認定1次問題

_009_10 今日はソムリエ協会の呼称認定1次試験でした。と言っても私は今回1次はパス。なのに、気になって、昨夜午前2時に寝たのに今朝はもう6時に目覚めました。去年の今日は・・・なんてドキドキ^^;ほんとに気が弱い・・(負けん気と根性はあるらしいけど)

試験問題が気になって帰宅後すぐにプリントアウトして、時間計って問題解きました。約10問づつアドバイザーとエキスパートの問題が変わっているので、それも全部やりました。

難易度は例年通りの感じ。ブランクあったけど、8割以上は解けました。自宅だとリラックスしていますからね。

でも今年初めての方は、受験時間が短縮されているので大変だったかもしれませんね。私も去年は80分あったけど、時間足りずに必死でしたから。とにかく緊張のあまり、あがってしまい最初の問題5問くらいは何度読んでも意味が分からず、焦りました。

さて、今の私は去年のレベルは保っているけど、弱点もそのままです。あと20日あまり、ドイツのワイン畑、もっとしっかり覚えなければ・・・と心新たにしました。イタリアは完璧に自信あり!!あとアメリカをもう少し煮詰めます!日本酒の所は常識的な問題が多かった気がしました。でも一番大事なのは要するに、利き酒ですからね。

これも一生懸命??飲んだから、去年よりは実力上がったと思うんだけど。後は体調管理。怪我や事故に巻き込まれないようにして、昨日の幸運の女神にも一緒にいて貰うこと!!

98 ワインフェスティバルで腕試し

_008_14 _007_14 _005_21 _002_30 _003_24 _004_25神戸ベイシェラトンホテルの ワインフェスティパルに参加しました。チケットは3000円(前売り券が2500円)で、今回からフードコート500円分のチケット込みです。ジャズライブや、ワインの無料セミナー、ワインクイズの催し等があり、とっても楽しめました。

_001_17 ワインセミナーはニュージーランドワイン SB3種類とピノ3種類の6グラス。講師はヴィレッジセラーズ株式会社ワインコンサルタントの石井氏でした。もう一つ有料のシャンパンセミナーがあり、講師は(左の写真)ベイシェラトン・エグゼグティブチーフソムリエの白井氏でした。今日は時間の都合でシャンパンセミナーは断念したけど、次回は受講したいです。

さて、2次試験に向けて腕試しのつもりでソムリエクイズにエントリーしました。1回目予選通過したのに、決勝で敗退。懲りずに2回目の部にもう一度エントリー♪今度は予選、本戦全問正解で、なんとかクイズ女王になれました!(^^)!賞品にランチ券2名分ゲットしました。

この2回目で勝利!っていうのが嬉しい・・・だって2次試験の受験が2回目。今度こそ今日と同じく、2回目で栄冠欲しいなあ・・・

97 マロニエで受験勉強?

_003_23 _006_23 _007_13 _008_13 _011_10 _001_15 _002_29 _004_24 _005_20 _010_10 _012_6 _013_10 _014_7 _015_9 久しぶりにマロニエでランチしました。気のあう仲間と3人で。友人2人は長い付き合いだけど、マロニエ初体験で、とても喜んでくれました。本当に綺麗でおしゃれで、美味しい!!器やカトラリーにもこだわっているので、贅沢感があります。ハーフで2600円のコースですが豪華でしょう。なかなか予約が取れない筈です・・・

ソムリエの佐藤さんが選んでくれたワインは、シャルドネと、キュベ・ミティークです。ヴィオニエ、マルサンヌ、ルーサンヌのアッサンブラージュ。試験前なので、ブラインドでサービスして下さいました。比べると外観や香りなど差がよく分かります。

赤はピノノワール。ルビーからえんじがかった色合い、で澄んで美しい外観。果実美豊かな香りのなかにピノならではの動物的なニュアンス。心地よい酸味とまろやかなタンニンを感じました。セオリーどおりの味わいのブルゴーニュ。2杯目はアメリカのピノ。カリフォルニア産の方が、甘味と果実の香りが豊かでした。どちらも美味しかったけど、鴨の料理にはフランス産がマッチしたかも。とっても綺麗で、大きなグラスに入れて下さいました。今までレストランで飲んだグラスの中で、一番大きくてびっくりしました。

今日は4種類ともブラインド当てたので、『きっと大丈夫ですよ!』って励まして貰って、気分良く帰って来ました。あとは最後まで気を抜かず、的確なコメントの練習をしなきゃ!

96 神戸フランス料理研究会 シェフの集い

_018_3 _002_28 _030 _005_19 _001_14 _004_23 _003_22 _006_22 _007_12 _008_12 _009_9 _010_9 _014_6 _011_9 _012_5 _013_9 _015_8 _016_6 _017_4 _019_3 _020_2 _021_2 _022_3 _023_2 _024_3 _027_1 _028_1 _034 _036_1 _035_1 _037 _032_1 _033 _040 8月23日甲子園ノボテルで『神戸フランス料理研究会シェフの集い』が開かれました。有名なフレンチのシェフが勢揃いで圧巻。料理もすごかったです。参加者は業界関係者が多く、料理を讃える一方、経費を気遣ったり、後片づけは大変だろうなあとサービスをする側にたったコメントが多かったのが印象的。私も同じこと考えたので、全くの素人に域は越えたのかも(笑) 参加費1万円のチケットを頂いたので、一人で参加しましたが、偶然、【ファヴォリ】の越知シェフや【舞子ビラ 海蛍】の清水料理長にお会い出来たので、楽しく過ごさせて頂きました。3ショットは越知シェフ、清水料理長、サントロペの河野料理長の3方です。私が仲人♪

最後の写真はなぜか、てんじく(笑)西明石に9時半に着きましたが、駅近くでなんと40年来の幼なじみのJちゃんとバッタリ!彼女も食事の後でしたが、話をしたかったのでお店を探し、結局自宅の近くの天竺で、チューハイ飲んで乾杯しました♪朝は仕事もこなしたしすごーく楽しい1日過ごしました。

受験の事忘れたわけじゃあないって証拠に、一応ワインの写真1枚いれておきました☆

95 お弁当作り

_002_27 _006_21 _004_22 _007_11 _005_18 _008_11 _010_8 _011_8 _009_8 _012_4 _013_8 今日は子供達とお弁当作り。メニューはさつまいもと金時豆の茶巾、鶏肉の照り焼き、チーズ入りマヨ卵焼き等・・・。小学1年生から5年生まで30人でわいわい楽しく作りました。家から持参のお弁当箱に上手に詰めましたが、感性の豊かさに感心しました。同じ物を詰めても個性が出ます。お料理に関心を持つって大切なこと。大人になったら美味しいワインにも、興味を持って欲しいですネー(^O^)どれか一つは私の作品でーす。えっ?あんまり変わらない!?

94 シェラトンワインフェスティバル

_003_21 来週27日の日曜日に神戸ベイシェラトンホテルで、ワインフェスティバルがあります。世界のワインが勢揃いし、無料ワインセミナーや無料試飲もたくさんあるので、お得です。今回は初めてワインクイズというのがあるらしく、腕試しにちょっと行ってみようかなって思っています。

座る場所がないので、落ち着いては、飲めないけど、勉強にはなりそうです。前売りは2500円当日券は3000円です。

_004_21 写真、こちらは23日水曜日夕方から、ハウス食品協賛?、神戸フランス料理研究会主催の、【シェフの集い】です。名簿には神戸の有名ホテルのシェフの名がずらり。今日友人が1枚プレゼントしてくれました。一人で行くのは勇気がいるけど、もう慣れました。勉強ってホントは一人でもやるべきものですよね。

93 Pinot Noire

Memu_004 Memu_002 Memu_003 飲むと暗記しにくいけど、飲まなきゃ味は解らない。聞いたところでは、口に入れて味わって、吐き出すのが良いそうです。たくさん飲んでしまうと、酔って解らなくなるからだって。でも、試飲って試して、飲むって漢字ですよね。とにかく、飲み込みたい^^;。

今日開けたのはオーストラリアのピノです。1000円程度の安いワインです。3000円以下のピノは苦手・・・と偏見がありましたが、なかなか美味しかったです。さて、高級なピノには獣臭があると言われています。(安くても感じると思うけど・・)

たまたま今日、夫が持ち帰った夕刊フジにもワイン記事がありました。獣臭ってワインの世界では誉め言葉だそうですね。ジビエ(猟で獲る野鳥や獣の肉)の香りで出来の良いピノに顕れるとされています。紹介されていたピノはすごい美味しいらしく、試験に合格したら買いたくなりました。ライターさんが誉め上手なのかな・・・

新聞に紹介されたワイン=ドメーヌ・ジュリアン・メイエ・ハイセシュタイン・ピノノワール・ヴィエイユヴィーニュ 4239円は、ファン垂涎のロマネコンティを単独所有する超1流ドメーヌの香りだそうです。ただし、まだそれ(ロマネコンティ)を知らないの・・・(^^;)苦笑

92 サイゼで勉強

P505is0051577144 暑さと休みボケで受験勉強が捗りません。自宅ではすぐ気が散るし、図書館は休みなので、娘とサイゼに行きました。家と違って、寒いほどの冷房なので頭もキリッと引き締まります。2時間ほど集中して勉強しました。

ドリンクバーは290円で飲み放題。本当に安い!ワインもビックリ価格です。なんとフルボトルで1000円程度。エミリアロマーニャのランブルスコデイソルバーラ(赤・ロゼ) とマルケ州のウ゛ェルデッキオ・ディ・カスティリジエージもありました。車なので、飲めなかったけど、一瞬買って帰ろうかと思いました。グラスワインは100円(*_*)スゴイ・・・

91 淡路島で夏休み

_008_10 _009_7 _010_7                         _006_20

東浦の海辺にある姉の別宅で、2人の姉とその家族で、のんびり過ごしました。夏らしいお天気に恵まれ2度目の夏休みしました。 暑い時期に一番美味しいのはやっぱりビールかも・・・?でも試験前なのでワインを持参しました。写真は最近、神戸ワインの仕事を始めた友人からのプレゼントで_005_17す。品種はシャルドネ。2004年_004_20ビンテージって書いてありました。飲みやすい、すっきりした辛口です。でもブラインドテストしたら日本のシャルドネとは、当てられないかも・・・久しぶりの巻き巻き料理〓和風のそばずしとケイジャン料理のブリトーと一緒に頂きました。大勢集まればなんでも美味しい(*^_^*)♪

受験勉強、ちょっとさぼりました・・・(^^;)

90 翠亨園

_002_26 _006_18 _008_9 _009_5 _011_7 今日も行って来ました、翠亨園です。昨日の、夕方突然友人のMさんから『話がある・・・』と言われてびっくり!何かな?と思いつつ、『落ち着いて美味しく食事の出来る場所』という条件で、それならと翠亨園に決定!

さて、何か彼女に悩みでもあるのか・・・と心配していたら、その逆で彼女が私の心配をしてくれていて、笑いました。私は夢を語りつつ、食事は美味しく&楽しく素敵な時間を過ごさせて頂きました。そうそう、スタッフの○畑さんが新婚と解り、2重のご馳走さまでした♪

午前中、お寺の法要で母の送迎やお墓参りなどで大忙しでした。そのまま車で住吉まで出かけようかと思ったけど、電車に乗り換えました。電車なら受験勉強に2時間確保出来るからです。

89 セラフ

Seraph2 _001_13 _003_20今日は、 姉と姪っ子の3人で、ランチ&ショッピングしました。ランチの場所は朝霧にあるレストラン、セラフです。海が間近に見え、明石海峡大橋も、眺める事が出来ます。さて、ここのオーナーが音楽好きで、土曜日の夜は生演奏が聴けます。友人で歌手の安田陽代さんhttp://haruyoyumenotobira.cocolog-nifty.com/blog/もここで時々ワン・コインコンサートを開きます。(私はワインコンサートと聞き間違えたけど・・・Wineではなく、Oneコイン!) ついでに、付け加えると、いつも行くセトレじゃなくて、セラフです。お間違いなきように・・・

興味のある方は一度行って見て下さいね。自家製のチキンの薫製と、パンチェッタが美味しく、インパクトのある味でした。ランチは1000円~で、リーズナブルです。食後の飲物も付いてます。http://www.seraph.kobe.walkerplus.com/

88 プイィヒュッセ

_001_12 今日は仕事で神戸に出かけたので、帰りにそごうに寄りました。先日もご紹介しましたが、地下のワイン売場の一角に試飲コーナーがあります。別に買わなくてもワングラス500円で、飲めるので私はお茶替わりによく飲みます。今日頂いたのはラブロアのプイイヒュッセ。カシニョールのエチケットが素敵です。

_002_25 2次試験に向けて準備中なので今日もブラインドテスト!2003年を2002年に間違えましたが、品種と産地はなんとか当てました!外観は 輝きのある黄金色。トロピカルフルーツの香り蜂蜜のような香り。アタックはしなやかな酸味、まろやかな味わい。シャブリのようなキレは感じなかったけど、ニューワールドではないと直感しました。ブルゴーニュらしい味わいを感じました。写真はソムリエの資格を持つ熊崎さんです。いつも色々教えて下さいます。感謝!!

87 高知で夏休み

_001_11高知県の仁淀村に 小さな別宅があるので、毎年夏に訪れます。何時来ても変わらぬ美しい自然の風景があり、のんびり出来ます。すぐ近くの中津渓谷に素敵なホテルがあり、宿泊しなくても、温泉施設とレストランが利用出来ます。これが私の最大の楽しみ♪今年も2日連続行きました。

_015_7_004_19 _009_4 _011_6 _006_17 _008_8 _017_3

建物は自然の景観にマッチし、木の温もりを生かした内装で、とても素敵です。出来た当初は高知の第一ホテルが指導に入っていた様で、山奥の田舎なのにきちんとした応対や清潔さが印象的でした。自然が豊かだと当然、昆虫が多いのですが、いつも綺麗に掃除しています。さて、メニューは色々ありますが、湯の森弁当がお勧め。1000円でこの豪華さです。もちろん食後のコーヒーもついています。2日めは洋食で、ワインも頂きました。こちらはケーキまでついてます。時間がゆっくり流れる贅沢なひとときを、わずか1000円で・・・・申し訳ない感じでした。

_012_3  _005_16 _014_5 こちらは我が家の庭。標高が高いので、朝晩は寒い位です。夜空は、満天の星。夕食の用意以外に特にすることもないので、とりあえず、ワインの勉強に時間をあてました。昼寝の時間の方が長かった・・・?^^;

_010_5 _013_7 _016_5 _018_2

_020_1 さて、帰りはいつも松山方面に向かい、砥部を通ります。これが恒例のもう一つの楽しみ♪毎年必ず寄り、食器を買ってきます。砥部焼きは、白の色合いがとても綺麗です。流行があまりないので、同じシリーズを何年もかけて集めることが出来ます。1個ずつ手作りなので、安くはありませんが、丈夫なので長持ちします。どこの窯元の物を買っても砥部の伝統が生かされているため、膳に並べたときしっくり調和します。これからもまだまだ集めたいと思います。ここで、ワイン好き♪の窯元を発見!? ワインクーラーとぶどう模様のグラス、そしてワイングラスなどがありました。買いませんでけどね。

_022_2 _021_1 _023_1 _024_2 帰路はしまなみ海道を通りました。運転は夫に譲ってあげて、私は後ろの座席で、夏ならではの景色を堪能しました♪

86 (魚住の)ロワール

Rowaru_002Rowaru_003 Rowaru_004  ちょうどお昼前に仕事が終わったので、昨日に続いてランチに行きました。場所はお気に入りのロワールです。前菜の写真は撮り忘れたけど、スープ、メイン、デザート、コーヒーで1500円。とてもお得です。ケーキがオレンジ色だったので、人参かオレンジジュースが入っているのかなと思ったら、特別に取り寄せた卵の色だそうです。何度も通っていますが、ここも秘密にしたいような、教えたいような・・・・素敵な場所です♪

Rowaru_001 仕事は車で出かけるので、なかなかランチにワインを合わせることが出来ません。昨日のランチはイタリアンだったので、夜にトスカーナ州のDOCGワインキアンティを開けました。品種はサンジョベーゼ、カナオーロネーロです。紫の若い外観、エッジは少しガーネットがかっています。グラスを回すとさらりととした涙。スミレの香りがほのかに香りました。でもブラRowaru インドなら絶対はずしますねー(>_<)  さて、最後の写真は昨日から繰り返し暗記チャレンジしている、ブルゴーニュの有名なモノポール(単独畑)です。日本語の固有名詞でも忘れるのに、フランス語で覚えるのはホントに厳しいですが、頑張ります!!頑張るって結構楽しいことだと思うんですが、今の世の中、人に頑張れって言っちゃあダメなんですよね。なんか複雑・・・・

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »