料理教室

キッチン*コミュニケーション 

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 104 追い込み | トップページ | 106 イタリアのCabernetSauvignon »

105 スペイン&山梨 こうしゅう

_002_33スペインのワイン講習の受講票が届きました。

ソムリエ協会に入っていると、無料で参加出来るので、日程が合えば必ず参加することにしています。

前回はハーバーランドニューオータニでプロバンスのセミナー。今回の会場はウェスティンホテル大阪です。2年前にスペインセミナーに参加した時はワインだけでなく、オリーブオイルや、ハモンセラーノ等の試食もあったので、今回も期待しています。2次試験の終わった後だから、結果はどうあれ、楽しんで勉強して来ます。

さて写真は甲州氷結仕上げ。これは試験には出そうにないけど、興味を持ったので、購入しました。外観は緑がかった薄い黄色、ディスクは中位。澄んで健全な輝きがあります。香りは豊かで芳醇。パッションフルーツ、パイナップル、バナナ、リンゴ、柑橘類、ハーブの香りを感じます。アタックはなめらかで、酸味と甘味が豊か、バランスの良い味わい。美味しいワインと思いました。白の供出温度は6~11度ですが、ソーテルヌやモンバジャックなら4~5度が基本。これは甘口で、デザートワインとして楽しめそうなので、ぎりぎりの6度位かと思いました。余韻は7~9秒。生産年は記載されていませんが、舌にぴりぴりこないので、2003位かなと感じました。 コメントは間違っているかもしれないので、信用しないでね!私の印象を言葉で表現する練習中です。

« 104 追い込み | トップページ | 106 イタリアのCabernetSauvignon »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43641/3353018

この記事へのトラックバック一覧です: 105 スペイン&山梨 こうしゅう:

« 104 追い込み | トップページ | 106 イタリアのCabernetSauvignon »