« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

158 神のヌーヴォー

Photo001 ワインファンなら一度は、はまるマンガ【神の雫】の作者オキモト シュウ氏がラベルの作画をしたワインです。原作者評によると、『この作品はアールヌーヴォーである。華やかで若々しくありながら、クラシカルな魅力を持ち精密にして優美、そして何より気品を感じる』・・・そうですよ(笑)

明日は姫路から8人もお客様が来て下さるので、このワインを一緒に楽しみます。今日は1日中仕事して、夕食後、夜から買い物に行きました。まだ明日の準備をこれからしないといけないので、今夜は飲むわけにいきません。でも、ぐっと我慢して、待てば待つほど美味しく感じるんですよね。【禁断は快楽の隠し味だそうですから・・・笑】

グラスはヤフオクで落札した2個1組で、今日届いたばかりです。たまたま同じグラスを2個持っていたので追加で欲しくなりました。口当たりがいいし、見た目も可愛いから気に入ってます。リュミナルクっていうフランス製のグラスです。

157 千鳥夢小箱

Photo018_3 Photo008_5 Photo009_5 Photo010_5 Photo011_9 Photo013_5 Photo012_4 Photo015_5 南淡路市 広田にある松葉寿司さんに行ってきました。

写真は安田さん、沼田さん、ご主人、女将さんの4名です。(私は写っていませんが・・)

料理は、【ちどり夢小箱】という名前のお弁当で、(中央)友人で歌手の安田陽代さんが、名付け親になりました。美しく、【夢】のある料理がいっぱい詰まった【小箱】のようなお弁当が、世の中に羽ばたくように・・・、百人一首『淡路島通う千鳥の鳴く声に幾夜寝覚めぬ須磨の関守』で有名な【ちどり】と、かけあわせた素敵なネーミングです。

女将さんは写真通り美人で、料理業界で【内助の功】賞を受けた素敵な方です。朗らかで良く気がつき、一度お会いしただけで、引き込まれる魅力をお持ちでした。女将さんhttp://matsuba-sushi.blog.ocn.ne.jp/masae/と安田さんhttp://haruyoyumenotobira.cocolog-nifty.com/blog/も、ブログを書いておられるのでぜひ、一度ご覧下さいね。

Photo002_5 Photo006_3 Photo007_2 Photo017_1 晴れた日に、タコフェリーに乗って淡路島に渡り、のんびりドライブし、美味しい料理に下鼓をうち、生きてる事の幸せ、人と人の心がつながる有り難さを確認した、良い日でした。

心残りはアルコール抜きだったことかな^^;(笑)

156 アドベント

Photo012_3 12月はアドベント=待降節です。クリスマスは当日よりも、準備し、待ち望むその日々が楽しい気がします。今日は1日家仕事でした。窓拭きと掃除と片づけの後クリスマスの飾りつけ等。写真のワインは三ノ宮東急ハンズすぐ下にある、神戸牛の老舗 ステーキハウスモーリヤさんのハウスワインです。オーストラリアのシラーズです。奥さんとお友達なので、頂きました。神戸牛に合うワインだけど、神戸牛が高くて合わせられないの(^^;)

Photo002_4 Photo003_3 Photo004_4 Photo008_4 Photo007_1 Photo005_1 Photo011_8 Photo006_2 Photo010_4 Photo009_4 Photo013_4

玄関から、ベランダまで・・・って言っても部屋が狭いのですぐだけど、一通り飾り付けが終わりました。眺めて見ると、殆ど友人からの頂き物ばかりですが・・・笑   花以外は殆ど友人達の手作り作品です。

155 ラマダン

Photo001_5 すっかり回復して、土曜日午後から今日にかけて元気に動きまわっていましたが、さすがアルコールは控えていました。冷蔵庫には消毒用アルコールたっぷりあげましたが・・・(笑)

今、やっといつものようにテレビで世界遺産を見ながら、5日ぶりにワインを飲んでいます。白ワインは腸の殺菌作用があるとか。。なーんていい訳しながらね(^^;)今テレビでやってたアラブのラマダン明けって感じで私も・・・。

じつは先週木曜日友人7人が、ワインエキスパート合格のお祝いパーティを開いてくれましが、肝心の私が、急性の胃腸炎で急遽欠席(>_<)でも集まって楽しんでくれたことが本当に嬉しかったです。その仲間が送ってくれたのが、後ろのツリーとそこにぶらさげているブローチで、今日届きました。ルミナリエみたいでとっても可愛い。ラマダン明けにプレゼントが届き一人ささやかなお祝いです。ワインは980円のウッドクリークで、身の丈に合った幸せ感じています♪

154 ノロウイルス

ソムリエ試験の公衆衛生に出題されるかの有名なノロウイルス。冬季に流行し牡蠣などから感染することが多い・・・感染性が強いウイルス性胃腸炎が、今関西で流行中だそうです。

でっ、多分私感染しました。牡蠣は食べてないけど・・・症状が劇的。この3年間、風邪一つひかず1日も寝込んだことがなかった元気者の私もノロには負けました。(名前に似合わず発症はスピーディ!)

でも、仕事を休んでひたすら2日間寝たら、結構回復しました。たまには病気もいいな~ご飯作らなくていいし(^^;)それに、さすがに2キロも痩せた!これは嬉しいこと。

でも皆様どうぞ気をつけて下さいね。

153 ぶどうのペンダント

Photo020_5 Photo001_4 Photo018_2 Photo017 会いたいと思っていた、大親友のTマダムと思いがけず、電車内で遭遇。私はぶどうのブローチで、彼女はぶどうのペンダント。そう言えば先日ラジオ出演の日も、高校から30年続いている大親友M子に電車内でバッタリ!目の前に・・・お互いに一言『なんで・・・ここに?笑』って感じでした。気の合う友人と会えた日ってハッピーになります。

料理は冬のメニュー。タラとほうれん草のコロッケ、ガーリック風味の小松菜とベーコン入りライス、人参の豆乳スープ、3食野菜のマスタードソース、リンゴとクルミのパウンドケーキの5品。参加者20名の楽しい料理会でした。場所は上郡でしたが、ひなびた駅の雰囲気で、昔懐かしい気持ちになりました。面白かったことは上郡駅の改札に、イコカ=ICOCAを読みとる機械がなくて、普段より改札を出るのに時間がかかったことです(笑)

152 太山寺

Photo112 Photo110 Photo108 Photo117 Photo116 Photo111 Photo114 神戸市西区にある太山寺は、私と同じ名前の鎌倉時代に建立された国宝の名古刹です。第3火曜日はいつも仕事帰りにワイン城に立ち寄るのですが、11月は太山寺に寄り道する事に決めています。ここは紅葉が本当に美しいのです。

夕方の境内は殆ど人の気配がありません。山に囲まれているため様々な鳥のさえずりがよく聞こえ、空気も澄み切っているのがよく分かります。去年は2次試験,不合格の後、傷心を癒しに来ましたが(笑)、今年は晴れやかな気持ちで、紅葉を楽しむ事が出来ました。

151 Jambon Persille ジャンボン・ペルシエ

Photo010_3 受験の時に必死で覚えたワインと地方料理の数々。ボージョレに合うメニューとしてハムとパセリのゼリー寄せというのがありました。実は食べたことがありません。でっ、自分で考えて作って見ました。上はパプリカやきゅうり、パセリを散らしたコンソメのゼリー寄せ、下は豆乳をゼリー寄せにし、ハムを混ぜました。今日は7名のお客様でしたが、なかなか、好評でした♪

150 同窓会

Photo004_3 昨日は朝から1日仕事した後、夕方から、中学時代の同窓会へ。集まったのは、結局お酒好きで、気取りのないメンバーばかり。

こじんまりした居酒屋さんの2階でした。普段行く、レストランとは違う感じだけど、明石の魚料理が次から次へと・・・やはり鮮度が違う。安くて美味しく満足しました。

2軒めも、リーズナブルな店。1軒めにワインがなかったので、ここでボージョレを飲みました。男性陣は同級生の私達を、おばさんだから、女性とみていない様子で、ちょっと失礼!!女性はやはり若い方が良いみたいな話しが・・・・(*_*)ワインに例えれば、フレッシュな美味しさが売りもののボージョレヌーヴォーもありますが、年月を経てこそ、美味しさが増すメドックの高級ワインもあります。若い時には出せない熟成感を大切にしてるんだけど、う~ん、わかる同級生はいなかったのでしょうか・・・残念!!(笑)

写真は、明日のお客様用に買ってきたボージョレヌーヴォーです。明日は元気いっぱいT田さん登場!楽しみです♪♪

149 ボージョレーヌーボー解禁

Photo003_2 今日は、新酒の解禁日で、私もぶどうのバッジをつけてワインエキスパートとして、ラジオ初出演。朝一番にそごうの地下でワインを買って、ついでに熊崎ソムリエのコメント付きで試飲させて貰って、今年の傾向をチェックし、次にシェラトンまで行って、翠亨園で昼食をとりました。翠亨園は私の元気の源!エネルギーチャージの後、神戸ハーバーランドにあるラジオ関西のスタジオに直行。12時半から10分程度、軽くうち合わせをして、1時にスタートしました。

以前、料理関係の番組で短い時間でしたが、出演していたので、スタジオの雰囲気にはもう慣れていたため、そんなに緊張感もなく谷五郎さんと久しぶりに楽しいトークが出来ました。ワインの話しを一般の方に、こんなに長時間聞いて頂ける機会は少ないので、嬉しかったです♪

話しの間に、歌や、交通情報、ニュースが入ったり・・・と、テンポ良く展開して、なかなかおもしろかったですよ。音声を切ってる時間も谷さんと喋り続け、あっという間の2時間でした。

スタッフの皆さんにもバッジをみせびらかしましたが、嫌がらず誉めてくれました(笑)みんな優しい!!教本を見せたら分厚さにびっくりされたり、勉強の資料にも感心されたり・・・と、結構嬉しい一日になりました。ボージョレーヌーボーはスタジオでも2種類試飲しましたが、スタジオでワインを飲むなんて珍しい体験も出来ました♪

ラジオを聴いてくれた友人からも、誉めて貰ったし、今日は私にとってお祭りみたいな楽しい1日になりました。(まあ、一年じゅうお祭りみたいな性格なんですが・・・)

そうそう、交通費という名目で、出演料を頂きましたが、結構入っていてムフフ・・・でした!(^^)!時間給としては、過去最高!これで、ワインがまた買える!!

148 キュルノンチュエ/ヤマオカ

Cid_000401c708808f5e3360020ba8c0yourxtt3_1 Cid_001101c70880c042ae20020ba8c0yourxtt3_1 http://www.hidakiyomi.org/store/shop/curnontue.html キュルノンチュエ/ヤマオカの白かびにおおわれた不思議なハム(サラミみたい)を頂きました。初体験の味。高知の香り米みたいな香りで、食べると、白かびなのに、ブルーチーズのような香りがしました。黒胡椒の味も極上でした。

さて、今日はソムリエ協会の機関誌が届きました。毎年11月は呼称認定試験の合格者が掲載されます。自分の名前を見つけ、やっと落ち着きました。今年は受験者数 4742名の内、 合格者は、ソムリエ1000名 アドバイザー460名 エキスパート670名ということでした。ソムリエの認定試験は1985年に始まり、その後エキスパートは1995年から始まりました。だからエキスパートの総数はまだ5000名に達していません。貴重な資格を頂いた気がしています。

Cid_001c01c70880f4dda130020ba8c0yourxtt3_1 写真は、友人が合格祝いにプレゼントしてくれたプリザーブフラワーのアレンジメントです。友人がHPに今日の様子をアップしてるので、興味のある方はご覧下さいね。

http://www.eonet.ne.jp/~akotan/2006diary/200611gatu.htm

147 トーレス サングレ デ トロ

【牡牛の血P505is0054395193 】を意味するP505is0054460677 トーレス サングレ デ トロ は【牡牛の子】とも呼ばれた酒の神バッカスにちなんでいるそうです。トーレス社当主のミゲル・トーレス氏はイギリスのワイン誌【デカンタ】で、マン・オブザイヤーに選ばれ、ワインインターナショナル誌でも同様に選ばれ、革新的な作り手と評価されています。  

・・・・と以上ラベルに書いてありました。で、何故私が今日この2本を買ったかと言うと、次の写真をご覧下さいね。

P505is0054526264本格ワインセラープレゼントの文字が目に入り、2本買うと応募出来るからです。セラーは、今すぐ欲しいわけじゃないけど、タダで頂けるなら、やっぱり欲しいですよね♪どーか当たりますよーにm(_ _)m 笑

そうそう、ともぞうさんはワインセラーを買ったらしい・・・いいナァ(^O^)

146 日曜の夜は世界遺産

今夜のPhoto069 世界遺産の番組は、ワイン特集だったから、きっと大勢の方が見られたことでしょうね。ワインの試験に受かった後なので、どれも解説の前に、つい自分が口に出してしまいますよね!あまりにも基本過ぎる感じで・・・

あはっ!ちょいと合格したらこれだわ^^;(やなヤツ!)

写真は2006年のディズニーランドのクリスマスツリーです。

145 ぶどうのバッジ

Photo_15 待ちに待ったぶどうのバッジが今日届きました。やっぱり嬉しいものですね。 意外に重いです。これは頑張った結果頂いたとは思うけど、卒業証書じゃなくて、入学のような意味合いがあります。実際自分が何を知っているのか・・・と考えると、心もとない感じ。でも次は、どんな目標を持って勉強すればいいのか・・・、難しいです。今までは教本がありそれを覚え、試験に合格する事が目標でした。全く自由な勉強というのは、本当に難しい。来週ラジオに出演する事になっているので、教本を復習中だけど、実際に一般の方にワインの楽しさを伝える話がどの程度出来るのか、不安になってきました。実は4時間番組に2時間近く出演することに・・・・話す時間は40分位らしいので、頑張らなきゃ!今日バッジを見て、又気持ちが引き締まりました。

Photo106 Photo103 Photo105 こちらの写真は昨日行った銀座のエノテカ 一度行って見たかったお店です。ワインはランチで2杯飲んだ後でしたが、歩き回って疲れたので、又ワングラス頂きました。娘は未成年なので、アイスティ(アスティじゃなくて)私はポルトガルの白です。

144 マンダリンオリエンタル東京

Photo098 Photo089 Photo094 Photo096 Photo093 Photo100 Photo097

次女と二人で、東京に遊びに行きました。1日目はディズニーランド2日目は知り合いがいる【マンダリンオリエンタル東京】の中国料理レストラン、【センス】へランチに、出かけました。37階に位置するフロアはさすがにすごい眺め・・・だけどやっぱり東京はスモッグがかかっていることがよく解りました。

ここのワインセラーは圧巻。見えている部分だけでもすごい量。まだ他にもセラーがあるということでした。毎日メドックの5大シャトーがどんどん出るそうです。シャンパンもすごい品揃え。カヴァとかは置いていないそうで、リストも見せて頂きましたが、私の経済力では、グラスワインしか頼めませんでした。白はマルボロ クラウディベイ 赤はボーヌロマネを1杯づつ飲みました。久々の再会で話をたくさんしていたので、料理写真を撮ることをすっかり忘れていました。最後のマンゴープリンのみ、なんとか思い出しで撮りました。これは絶品!フレッシュマンゴーのみ使い、プリンというよりフルーツを食べている感じで、娘も大満足のようでした。11時半~2時半まで3時間ものんびりと贅沢な時間を過ごしました。続きはまた明日。

143 月の家

昨夜Photo002_3 Photo006_1 Photo007 Photo009_3 Photo011_7 Photo012_1 Photo013_3 Photo014_3仕事帰りに岡本にある、【月の家】へ行きました。友人の息子さんがサービス業にPhoto010_2興味があると言うことで、ソムリエの巖本さんを紹介しました。月曜日で空いていたので、ゆっくり話を伺うことが出来ました。多分私は調子にのって、ワインエキスパート合格の自慢話もしてしまったと思うけど(^^;)友人の息子さんはニコニコ聞いてくれました(笑)彼は聞き上手だからきっと良いサービスマンになることでしょう。彼もソムリエさんに興味を持った様子でした。その選択が良かったかどうかは、これからの彼の生き方にかかっていると思いますが、何か目標を持つ事は素晴らしいことです。それにしても飲食業界はなくてはならない世界なのに、激務で厳しい世界です。どうか負けないで頑張って欲しいものです。

さて、ワインは始めはシャンパン(モエシャンドン)、2杯目はカントメルル2003。メドック5級。まだ若いので、デキャンタージュしてくれました。3種類めは、試験にでたオーストラリアのCSでした。料理を担当するシェフも今年ソムリエ試験に合格されたということで、話も弾み、美味しいお料理とワインのマリアージュを楽しませて頂きました。

帰り道、夜空を見上げると、大気が澄んで、月がとても美しく輝いて見えました。【月の家】って素敵な名前と思いました。

142アルガーノ クラン(アルガの族)

Photo032_2 Photo030 Photo031 Photo033_2 Photo035_1 久しぶりにファヴォリさんhttp://www.gurumet.net/70465/に夫と行ってきました。WE合格後初めて伺ったところ、お祝いにシャンパンをプレゼントして下さいました。感激です。昼間のシャンパンは最高!2杯目はアルガーノ クラン。見覚えのあるラベルで、すぐに勝沼と解りました。先日飲んだアルガブランカクラレーゼ=甲州を思い出しました。インパクトのあるラベルです。シリーズをすべて飲んでみたくなる感じ。こちらは赤で、Mer CS マスカットべりーAのアッサンブラージュ、ミディアムボディでした。まろやかでしなやかで香りも良くて、とても美味しいワインでした。ファヴォリスタッフのはなちゃんのセレクトは、素敵です!!料理もボリュームたっぷりで大満足のランチ。外食嫌いの夫も喜んでいました♪でも、私だけワイン2杯(^^;)夫は顔に出るので気の毒でした!

Photo022_2 Photo027_4 Photo029 Photo028_1

ランチの後、長女の学祭に、行きました。夫が後ろ姿で、初登場です。その後は宝塚のパンの小屋へ。なかなか、忙しい1日でした。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »