料理教室

キッチン*コミュニケーション 

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« VOL.4176シュトレン第1号焼き上がりました! | トップページ | VOL.4178クリスマス親子クッキング »

VOL.4177 私の家族とシュトーレンの歴史

シュトレンを焼き続けて30年になりました!

末っ子が0歳の時、西明石ルーテル教会の婦人会で焼いたのが始まりです!

シュトーレン作りは私の子育ての歴史と重なります
今は母親となった娘達も この香りがするとクリスマスが来た!っと感じるそうです♪
娘の結婚式の時、娘達からのリクエストで引き菓子にさせて貰いました!
左下が長女 右下が末っ子の引き菓子
末っ子の結婚式の2日後 シュトーレンの発祥地 ドレスデンのシュトーレン祭りに行き、その歴史を学んで来ました
最初はバターも卵も入れなかったそうです
名前の意味も諸説有り、坑道とかキリストがおくるみに包まれた姿とも言います。
長く続ける過程で 自分の人生の歴史も重なり 益々大事にしたいと思う 私にとって特別な意味を持つイースト菓子がシュトーレンですImage_2

この3日間で、150個焼きました!
合間に 協会主催のおむすびイベントの打ち合わせや準備
次の仕事の打ち合わせ、 おせち料理の受け付け、お重箱と中敷きの在庫確認と発注 シュトーレン材料追加仕入れ など 体力気力勝負の毎日です!
でもシュトーレンを受け取りに来て下さる皆さんの笑顔にエネルギーを貰っています
クリスマスは長く繋がる皆さんとの再会が嬉しい季節です

Image_3


« VOL.4176シュトレン第1号焼き上がりました! | トップページ | VOL.4178クリスマス親子クッキング »

コメント

恵子先生シュトーレンの送金の金額足りているでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« VOL.4176シュトレン第1号焼き上がりました! | トップページ | VOL.4178クリスマス親子クッキング »