料理教室

キッチン*コミュニケーション 

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« VOL・4130 大切な同級生 | トップページ | VOL.4132 日本人の心を伝える茶道入門教室 »

VOL.4131 明石の子ども食堂

Image

本日2回目の「子どもコミュケーション」食堂終わりました。
まさかのキャンセル続きで我が孫ちゃんが主役になりました!

さて、今日の朝刊にも掲載されていましたが、明石でも子ども食堂が各地で始まりました
明石市は、貧困対策では無く、子どもを地域で見守り心を育む活動に力を入れています。
子ども食堂もその姿勢を現していると思います。私も賛同します。

そして、私が目指すのは、さらに、一歩進んだ
「日本の伝統食を伝える、子どもコミュケーション食堂 」です
私は、30年続けて来た、「お料理教室の先生」として 子ども達に栄養のお話し、料理の技術、食事の文化、をプロの立場で伝えることに尽力します。
市が補助金を出す 子ども食堂は無料で 主に地域ボランティアの方が中心なって運営されるかと思います。
私は もう一歩だけ進んだ形にしたかったので、補助金に縛られない方法を選択!
お皿もお椀も湯のみも大きなお鍋も20人分全て自分で揃えて、個人で立ち上げました!
市の方針同じく、子どもから食事代金は頂きませんが、テキスト代金の300円のみ頂きます。
美しい写真付きで、英訳付きの作り方を記載した、テキストを配布し、それを子ども達が自宅でも再現出来るように お手伝いしたいのです
食べさせて貰う 子ども食堂ではなくて、積極的に学ぶ姿勢で
子ども達に誇りを持って通って欲しいと思います

そして、次世代を担う子ども達が 日本の食文化をきちんと学び 、次の世代へ伝えることが出来る大人になってくれる事を心から願っています
グローバルな世の中になり海外からお客様迎えたり、自身も海外へ出かけた時、日本の食文化を知らないと恥ずかしいです。

今、子ども食堂に通う 子ども達にテキストを無料配布出来るようにクラウドファンディングに挑戦しています。
春号は出来上がりました。子ども達も喜んでくれました。
次の夏号を作るための、ご支援を是非とも宜しくお願いします。
子ども料理教室クラウドファンディング説明ビデオ

« VOL・4130 大切な同級生 | トップページ | VOL.4132 日本人の心を伝える茶道入門教室 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« VOL・4130 大切な同級生 | トップページ | VOL.4132 日本人の心を伝える茶道入門教室 »