カテゴリー「子育て応援 子供クッキング 子連れママクラス」の47件の投稿

VOL4097 子供料理教室

Image
満員御礼
子供料理教室 どんどん増えて来ました!
子供料理教室の先生に興味を持って下さった葛原さん、見学に来られました。
先生の経験はありませんが、テキパキ動いて下さって 助かりました。ご本人も楽しかったと言って下さいました。
一緒に会員活動して下さると 有り難いです。

VOL 4094 クリスマス親子クッキング のご案内


Image_2

子供クッキングの講師募集したところ 早速多くのお申し出頂き嬉しい限りです
ありがとうございました!
10月8日 12名の子供で受付も忙しくなりそうです
11月は私がシドニー旅行で留守しますが、
子供クッキングプレミアムコミュニケーターの三木さんが手伝ってくれることになりました

12月はクリスマス 親子料理教室イベントを開催します
10日 土曜日 時間は15:00から 17:00
会場はイタリアンレストラン カンポフェリーチェ
親子で楽しくクリスマス柄のおにぎりを作って、楽しみませんか?
レストランがスープ チキン ポテト 野菜のサラダバー ドリンクバーを用意して下さいます
会費 親子一組で3500円 子供 1人増えるごとに追加料金700円です
40組 80名 定員です
お申し込みはキッチンコミュニケーション または
キャッスルプラザ西明石へ直接お申し込み頂いても結構です。

おにぎり作りに欠かせない海苔は 明石の名店鍵庄様からの協賛
お土産も付きそうです!

以上 、ブログをご覧の皆様に一足早くご連絡申し上げます

VOL 4092子供クッキング講師募集

一般社団法人 キッチンコミュニケーション協会 理事長の鎌倉惠子です
現在子供クッキングへのお問い合わせが多数有りますが講師が足りません。
講師養成に向けてテキスト作りも順調で、来年1月から養成講座を始める予定ですが、とりあえず、講師が足りない状態なので、急務で募集します
10月8日と11月19日の2日間 手伝って貰える方がおられましたら、お知らせ下さいませ。
キッチンコミュニケーション会員でなくても結構です。
子供と料理作りをを一緒に楽しみたい方、キッチンコミュニケーション お問い合わせ 連絡お待ちしております!
ご自身の経歴など伺いますが、とりあえずホームページからお問い合わせ下さいませ。
12月はキャッスルホテル西明石で 親子のクリスマスクッキングイベントを企画している最中です
またご案内致しますが、こちらも多数のご参加お待ちしております
Image_4

Image_5


VOL.4083 子供クッキングテキスト撮影会

Image

本日は、子供用テキスト春号、2月3月4月分の撮影会
今朝は4時迄かかって、お皿やテーブルクロス 料理の準備
3時間ほど仮眠して、1日のスタート
カメラマンさんと会員さん、総勢8名で てんてこ舞いの1日でした。
でも、少しずつ形が整って来ました!
1人では出来ない事を仲間と一緒に協力して作る!その充実感を味わっています

VOL.4080 子供クッキングテキスト作り 始まりました!

Image

土曜日、午前中はパンのレッスン
初めての方がお越し下さいました!
マンツーマンでゆっくりレッスン
一転、午後からは ダッシュで大阪本町へGO!
来月末開講、家事大学 食卓学の講師を仰せつかりました。
その、家事研究員資格講座が 土曜日に大阪で開講されていて、見学させて頂きました。
私も家事は結構好きですが、こんな風に家事分野をきちんと学問にして、これだけのテキストを作られた代表に敬意を表します。
実は、私達も子ども向けに、日本の行事食の講座のテキストを制作中で、今日は良い刺激を頂きました!

VOL.4077 命を繋ぐとは?

Image

私も、困った時、亡き母や父に助けて貰って、3人の子供を無事に育てる事が出来ました
今日は熱を出した孫ちゃんの子守に明け暮れました。
夫と2人がかりでも、大変でした。
たまに預かると、子育てが大変だった事を思い出します。
人間が育つには、本当に多くの人の協力が必要です
だから、人は社会の宝物です。
お互いを尊重し大切にしなければならないと改めて、強く思いました

子育て中のママ達、孤軍奮闘している方も多いです
応援が有っても大変なのに、近くに頼る人が少ない世の中になりました。
そのために幼な子が犠牲になる悲しい事件も耳にします。
なので、社会で子育て、つまり、人間を育てるコミュニティを食を通じて作りたいと思っています。

VOL.4076 子ども達に伝えたい日本の家庭料理

Image

本日は子どもクッキング講座
地味だけど、子どもに伝えたい 和食料理を作りました!
子ども達 材料を切る作業大好きですが危ないので、包丁を持つ機会が少ないですね。
今日はさつまいも、ナス、など小さなサイズを揃え思う存分切って貰いました!
メニューは 秋9月なので、菊のお節句 重陽の節句 も少し意識して 秋刀魚や菊花大根 も登場
テーブルセッティングでは、箸置きも菊の模様を選びました。
自分で作った料理はやっぱり美味しいようで、ほぼ完食でした!
お片づけは一列に並んで分担作業
洗い物もみんなdwやると楽しい作業です
学年の違う子ども達ですが、キッチンでコミュニケーション 能力養って さらに成長して欲しいですね

VOL .4075 子どもの未来を応援します

Image

キッチンコミュニケーション協会子どもクッキング部門のホームページ制作が遅れています。
関係者の皆様にはご迷惑おかけして申し訳ありませんm(_ _)m
さて、協会設立の動機となる思いをご紹介させて頂きます
以下長文ですが、読んで頂けたら有り難いです。

子どもの未来を応援したい!
子ども達には心身ともに 健やかに育って欲しい!
このことは みんなの願いです
そのためには 子ども達が 温もりの有る社会で安心して生活すること
安心 安全な食べ物を口にすることが大切です
 食べる事は 特に子どもから大人へ向かう成長期の身体作りに欠かせない重要事項です
学校や 学習塾 お稽古事 スポーツクラブ等に通うことも 学習能力と文化度を高め身体と精神を鍛えるための大切な学びですが そこで疲れた身体や心を癒やし 次に向かう元気の元を育てるのが 家庭の食事です
今 食育という言葉を よく耳にします
ウィキペディアによりますと 食育とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることであると記載されています
食の知識は 以前は日々の家庭生活から自然に受け継がれるものでした
ところが 女性の社会進出や 核家族化などライフスタイルの変化により、家庭料理を伝えていく機会が減りつつあります
 自治体などによる 単発のイベント的な子どもクッキングはよく開催されていますが 継続的な食育の場はまだまだ少ないです
 私達は 子どもが徒歩で通える場所に お習字やピアノ教室のように家庭サロンのお料理教室を展開しています
キッチンコミュニケーションのお料理の先生は 家庭のキッチン等で食の楽しさ、昔から伝わる和食や家庭料理の文化を伝え、食の自立を促し 地域の子ども達の成長を見守ります 
近隣から集う 年齢の違う子ども達は一緒に料理する事によって、兄弟姉妹のような関係ができ コミュニケーション能力も高まります
又、地域の生産者とも連携し農業体験などを通じて、食のルーツを学びます
継続的に食を学び、食の自立に繋げていく キッチンコミュニケーション協会の子どもクッキング。

始まったばかりでアクシデントも有り、前途多難です。
落ち込むことにも出くわしてしまいましたが、可愛い子ども達の笑顔に励まされながら 前進しようと思います!

VOL.4069 子どもの未来をキッチンから応援します!

8月22日 
一般社団法人 キッチン*コミュニケーション協会を設立 法務局に登記しました
そして、本日9月1日
書類が揃ったので 明石税務署に事業届けを提出してきました
これで又一歩前進です
2~3日中にホームページができあがります
この協会は 子どもの未来をキッチンから応援するための協会です
このプロジェクトに 賛同して下さっている 関西の先生方のサロンもリンクしています
京都 奈良 大阪 芦屋 神戸ハーバーランド 明石魚住 加古川 姫路、そして東京に支部ができました 
どんな先生方がいらっしゃるか。。。どうぞお楽しみにhappy01
一人でも多くの 皆様のご協力と応援をお願いします

14117811_781937601945262_4742208946

VOL、4067協会ホームページ最終打ち合わせ

火曜日は 副理事長の由佳さんのスタジオでホームページの最終打ち合わせ
ちょうどランチタイムに終わり お昼は近くのビストロ近藤亭へGO
ランチの後は 関西テレビ よーいドンでお馴染み料理研究家の山本佳永先生とお会いして 協会の広報プレス担当をお願いしました
一歩ずつ 少しずつですが前進しています 

Photo

より以前の記事一覧